働き方改革(ワークスタイル変革)とは?今注目される「場所にとらわれない働き方」事例|LiveOn Cafe

Web会議活用ガイド

働き方改革(ワークスタイル変革)とは?今注目される「場所にとらわれない働き方」事例

2018/03/08

政府が目指す「一億総活躍社会」。
これを実現するために今声高に叫ばれているのが「働き方改革」です。
働く人の立場に立ち、長時間労働の是正や柔軟な働き方がしやすい環境整備などが主軸とされ、「働き方改革実現会議」も設置されました。そんな中、企業が具体的に「働き方改革」を実現するためにはどのような取り組みが必要なのでしょうか。ここでは、Web会議システムを活用した「働き方改革」についてご紹介します。

「働き方改革」と「Web会議システム」

Web会議システムは、働き方改革を推進するうえで必要不可欠なツールです。具体的に、働き方改革とWeb会議システムはどのように関連するのでしょうか。まずは働き方改革が推進される背景からみていきましょう。

なぜ今、「働き方改革」なのか

なぜ今これだけ働き方改革が求められているのでしょうか。
その背景には日本を取り巻く労働環境の変化があります。

日本を取り巻く労働環境は大きく変わり、少子高齢化、それ伴う労働人口の減少、長時間労働などが大きな社会問題となっています。労働人口が減少する中で、育児や介護との両立など個々の状況に関わらず働ける環境を提供しなければ優秀な人材を確保することができなくなっています。こういった背景から、働き方改革が企業にとっての最優先課題となっています。

<日本の人口推移>
日本の人口推移
<日本の生産年齢人口の推移>
日本の生産年齢人口の推移

Web会議システムは「働き方改革」のインフラとなる

働き方改革は、長時間労働を是正したり、いつでもどこからでも仕事ができる環境を作ったりすることであり、そういった労働環境の改善と整備を行うことが働き方改革の取り組みのポイントとなります。
こうした働き方改革は、労働環境だけでなく働く人のコミュニケーションの在り方をも大きく変えるものとなります。
「いつでも・どこからでも」仕事ができる環境を作るということはつまり、従来の対面でのコミュニケーションだけでなく、離れた場所にいても会議や打ち合わせができたり、遠隔で商談に参加したり、そういった環境を作る必要があります。

それを実現できるのが「Web会議システム」です。つまり、Web会議システムは働き方改革を実現するうえで欠かせない新しいコミュニケーションのインフラを担うツールとなります。

Web会議システムで実現する、「場所にとらわれない働き方」


“会社に出社して仕事をするのが当たり前”、“取引先に訪問して商談するのが当たり前”、働き方改革はそんなこれまで当たり前だった働き方を根底から変容させる取り組みです。

働き方改革というソフト面の推進だけでなく、インターネット環境の充実やスマートデバイスなどのコミュニケーションツールの普及も大きく進み、誰しもがどこからでもネットワークにアクセスできるハード面のインフラも整っています。
そのため、会社ではなく自宅やカフェなど自分の好きな場所から会議に参加したり、地方の山間部にオフィスを構えたり、今後はそういった「場所にとらわれない働き方」がますます広がることが予想されます。

Web会議システム「LiveOn」なら、インターネット環境さえあればPCやスマートデバイスを用いてどこからでも接続ができるので、働く人のニーズに合わせた「場所にとらわれない働き方」を実現することができます。

Web会議システムを活用した具体的な取り組みとは

Web会議システムを活用した働き方改革の具体的な取り組みはどのようなものがあるのでしょうか。
代表的な活用例をご紹介します。

テレワーク(在宅勤務)

育児や介護などで出社が難しい社員、配偶者の転勤で地方に行かざるを得ない社員など、働く意欲があっても様々な事情によってそれが難しい社員は離職しか選択肢がありませんでした。しかし、Web会議システムを使えば、自宅にいながら社内のメンバーとコミュニケーションを取ったり会議に参加したりすることが可能となります。
オフィスに出社することがなく自宅から仕事を行うテレワークが実現できることで、育児や介護などによる離職の防止、優秀な人材の確保など、企業にとっても働く人にとっても多くのメリットがあります。

オンライン営業(遠隔で商談に参加)

Web会議システムを使えば、取引先に訪問せずにオンラインで商談を行うことが可能となります。遠方地の取引先であれば出張することなく商談が可能ですし、近距離の取引先であっても移動時間が削減できることで業務効率化にも繋がります。最近ではこういった対面以外のコミュニケーションへの抵抗も非常に小さくなっており、直接訪問しての営業活動と変わらない成果を上げることが可能です。

LiveOnなら社外の方を招待できる「招待機能」を搭載しており、より簡単にオンライン商談を行うことができます。

都市部でなく地方拠点で仕事をする

地方創生への取り組みが進む中で、最近では地方の山間部などにサテライトオフィスや開発拠点などを設ける企業が増えています。自治体も、東京や大阪などの都心部と変わらない情報通信のインフラ環境を提供し、企業を誘致する動きが活発化しています。
Web会議システムがあれば、日本中・世界中どこにいてもコミュニケーションを取ることができるため、働く場所を都心部に限定する必要がありません。

事例に学ぶ、Web会議で実現する「働き方改革」

Web会議システムを単なる会議ツールとしてではなく、「働き方改革」や「業務効率化」を目的として導入する企業が増えています。ここでは、数あるLiveOnの導入事例の中から、「働き方改革」をキーワードに事例をご紹介します。

名古屋トヨペット株式会社様

名古屋トヨペット株式会社様

100店舗を同時に表示し、全拠点コミュニケーションを実現!
働き方改革の一環として、移動時間を減らすことで社員の負担・店舗の負担を軽減させ、その分を他業務に充て時間を有効活用することを目的として導入しました。

オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社様

オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社様

主に全国の各支店。営業拠点最大30ヵ所を結んで営業会議等に利用。
各種会議等で出張が多発しており時間的・コスト的にも問題となっていたため、働き方改革を進め生産性向上を狙う目的としてLiveOnを導入しました。

「働き方改革(ワークスタイル変革)とは?今注目される「場所にとらわれない働き方」事例」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

Web会議システム LiveOn(ライブオン)は、クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現をします。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

すべての機能を14日間無料でお使いいただけます。

14日間無料トライアルのお申込はこちら

ご相談やお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

PAGE TOP