Webセミナー(ウェビナー)とは?Web会議を活用したオンラインセミナーのメリットと事例|LiveOn Cafe

Web会議活用ガイド

Webセミナー(ウェビナー)とは?Web会議を活用したオンラインセミナーのメリットと事例

2018/02/19
Webセミナー(ウェビナー)とは?Web会議を活用したオンラインセミナーのメリットと事例

Webセミナーとは、インターネット上で実施するセミナーや講演会・講義、研修のことを指します。「Web」と「Seminar」を合わせたウェビナー(Wrbinar)と呼ばれたり、オンラインセミナー、E-ラーニングなどと呼ばれたりすることもあります。ここではWebセミナー(ウェビナー)の特長やそのメリットなどをご紹介します。

なにが違う?会場開催型セミナーとWebセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)

近年、Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)を開催する企業がとても増えています。なぜ会場で開催するセミナーではなく、Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)を利用するのでしょうか。

その理由としてまずひとつは、Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)であれば参加者はどこからでも参加することができるので、これまでアプローチできなかったより広いエリアの多くの参加者に配信が可能となるからです。
さらに、スマートフォン/タブレット端末の普及が進み、誰もが手軽にWeb上の動画にアクセスし視聴する環境が整ってきたことから、開催側もその環境を利用し、ビジネスチャンスを広げるためのツールとしてWebセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)を利用していると考えられます。

それでは具体的に、会場で開催されるセミナーとWebセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)はなにが違うのでしょうか。Webセミナー(ウェビナー)には、Webならではのメリットがたくさんあります。

徹底比較!
Webセミナー(オンラインセミナー) VS 会場開催型セミナー

  Webセミナー
(ウェビナー/オンラインセミナー)
会場開催型セミナー
開催形態 インターネット上で実施する講演会・講義・研修などのことを指します。オンラインセミナーやウェビナー(Webnar)と呼ばれることもあります。 会議室や講演会場などの場所で開催し、受講者が会場まで足を運んで参加する講演会・講義・研修などのことを指します。
開催コスト
コストはほとんどかからない
インターネットを用いて配信するため、開催のための会場を借りる必要がなくコストがほとんどかからない
会場のレンタル費用が発生
ある程度の人数を収容できる会場を借りる必要があり、コストが掛かってしまう
準備・運営 準備や運営に手間が掛からない
  • 社内の会議室などから配信できるため、広い会場が必要ない
  • 会場の事前予約などがいらず、日程調整がしやすい
  • 受付や案内といった当日の運営が不要
  • コストや手間が掛からないので何度もセミナーを開催できる
事前準備や当日の運営が大変
  • 事前に会場の秋を確認し、日程調整をする必要がある
  • 当日は受付や案内、資料配布。撤去などの運営スタッフが必要
  • 開催コストと手間が掛かるため、頻繁に開催することが難しい
集客 場所や人数に制約がなく、新規顧客開拓の機会を拡大できる
  • Web上での開催なので、物理的な収容人数といった制限がない
  • 日本全国どこからでも参加できるため、場所の制約がなく集客が可能
  • 人数や場所の制限がないことで、より幅広く新規顧客開拓を行うことができる
会場の収容人数や開催場所に依存するため、機会損失が発生する
  • 集約は会場の収容人数内となる
  • セミナー開催場所の近隣での集客となり、対象者が限定される
  • 興味はあるが場所が遠くて参加できない、会場まで行くのが億劫である、といった機会損失が発生している可能性がある

Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)のメリット

会場開催型のセミナーからWebセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)に切り替えることで、運営側・受講者側の双方に以下のようなメリットがあります。

Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)運営側のメリット Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)受講者側のメリット
  • 開催コストや準備の大幅削減
  • 場所や回数の制限がなく開催ができる
  • 顧客開拓のチャンス拡大
  • 受講者の利便性向上
  • 自宅や会社などどこからでも参加ができる
  • スマートフォン・タブレット端末からも参加ができる
  • 会場まで移動する必要がない
  • 移動の時間や交通費が掛からない

Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)配信ならLiveOn!

Web会議システム「LiveOn」は、Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)を開催するにあたっての便利な機能を多数搭載しています。セミナーの資料を共有するだけではなく、動画を配信したり参加者からアンケートを集計したりすることも可能です。

セミナー配信に最適、多人数モード(セミナーモード)

多人数モード(セミナーモード)

多人数モードはWebセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)用の機能です。

LiveOnの通常会議室の最大参加者数は20拠点までですが、多人数モードなら参加拠点数が無制限(※)です。そのため、不特定多数に配信するWebセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)ではこちらの機能が非常に便利です。
また、Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)に便利な出欠確認機能なども搭載されています。

※同時接続参加数分のライセンスが必要です。

セミナーを充実させる豊富な機能

資料共有

Excel、Word、PowerPointなどの資料をLiveOn上の全拠点で共有できます。

資料共有
詳しくはこちら >
ホワイトボード

フリーハンドでの記入やテキスト・図形などの書き込みが可能です。

ホワイトボード
詳しくはこちら >
録音録画

任意の拠点や、Web会議全体の様子を丸ごと録音録画することが可能です。

録音録画
詳しくはこちら >
メディア再生

映像ファイルや音声ファイルをほかの参加者へリアルタイムで配信できます。

メディア再生
詳しくはこちら >
アンケート

参加者にアンケートを実施することができ、リアルタイム集計も可能です。

アンケート
詳しくはこちら >
テキストボックス

参加者全員と文字ベースで質疑応答などができるチャット機能です。

テキストボックス
詳しくはこちら >

事例に学ぶ、Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)での活用

Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)や研修・イベント配信の用途でLiveOnをご利用されているお客様はたくさんいらっしゃいます。ここでは、数あるLiveOnの導入事例の中から、「Webセミナー・研修・イベント配信」をキーワードに事例をご紹介します。

一般社団法人 長崎県医師会様

一般社団法人 長崎県医師会様

長崎県内で展開している医療ITネットワーク“あじさいネットワーク”のサービスの1つとしてLiveOnを活用しています。
長崎県下の医師会で行われる会議をLiveOnで実施したり、医療従事者向けの研修会を離島に配信する等、いままで1ヶ所に集まっておこなっていた事をLiveOnの利用に切り替えています。

株式会社日経BP社 総合学園ヒューマンアカデミー/ヒューマンリソシア株式会社

株式会社日経BP社 総合学園ヒューマンアカデミー/ヒューマンリソシア株式会社

セミナーの模様を北海道から沖縄まで全国8箇所の地方会場へ配信しバーチャルセミナーを実施するためLiveOnを利用しました。地方サテライト会場から接続していた学生も、憧れのクリエイターの方のお話を実際に会場に参加しているような雰囲気で楽しんでいました。

「Webセミナー(ウェビナー)とは?Web会議を活用したオンラインセミナーのメリットと事例」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

Web会議システム LiveOn(ライブオン)は、クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現をします。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

すべての機能を14日間無料でお使いいただけます。

14日間無料トライアルのお申込はこちら

ご相談やお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

PAGE TOP