遠隔支援をウェアラブル端末で!建設現場管理への活用|LiveOn Cafe

業種別利用シーン

遠隔支援をウェアラブル端末で!建設現場管理への活用

2018/03/06
遠隔支援をウェアラブル端末で!建設現場管理への活用

東京オリンピック開催などに伴って需要が膨らむ建設業界では、建設現場における人材不足が大きな課題となっています。就業者が減少する中、建設現場においても生産性の向上や業務効率化が求められています。その課題を解決する手段として、ウェアラブル端末とWeb会議システムを組み合せた遠隔現場支援が今大きな注目を浴びています。
ここでは、建設業界における新しい活用方法として、ウェアラブル端末を利用した遠隔現場支援についてご紹介します。

Web会議システムが建設業界・建設現場の課題を解決!

建設・施工現場では、現場責任者や本部の社員が各現場を回って進捗状況の確認や指示伝達、技術指導などを行っています。しかし、担当する現場の数が多い場合、全ての現場を回るには大変は労力と時間が掛かってしまいます。
人材不足に悩む建設業界においては、いかに迅速に現場の状況を把握し、的確な指示を行えるかという施工管理業務の効率化が求められています。

そこで、そういった課題を解決できるツールとしてWeb会議システムが注目されています。
Web会議システムを活用すると、現場に足を運ばなくても遠く離れたオフィスや現場事務所から遠隔で現場の状況をリアルタイムに把握することができます。さらに、実際の現場の様子も映像でリアルタイムに確認ができるため、メールや電話といった手段よりも格段に正確で詳細な情報を得ることができ、的確な指示を現場に行うことができます。このようにWeb会議システムを活用した建設・施工現場に対する遠隔支援は今大きな注目を浴びています。

建設現場の状況をリアルタイムに把握できるメリットとは

建設現場の状況をリアルタイムに把握できるメリットとは

これまで、現場でなにか問題が発生した際の情報共有の手段としては、現場の写真を撮ってメールで送付しその後電話で状況報告を行う、離れた場所にある現場事務所に戻り責任者に指示を仰ぐ、責任者が現場に赴いて確認する、といった形が一般的でした。しかし、そういった手段には時間のロスと手間が発生します。また、伝えられる情報にも限界があります。人手不足に悩む建設現場においては、少しでも余計な時間の無駄を省き効率的に業務を行うことが重要となります。

メールや電話をしなくても、責任者が直接現場に赴かなくとも、作業員・責任者それぞれが自分のいる場所から現場の様子を情報共有しリアルタイムに遠隔支援ができることで、これまで発生していた時間のロスと手間を削減することが可能です。また、今現場で起きている状況を即座に把握できて指示出しができることで、より迅速かつ正確に問題解決を行うことができるようになります。

ウェアラブル端末 × LiveOnで迅速かつ効率的な現場管理が可能に!

Web会議システム「LiveOn」はウェアラブル端末にインストールできる専用アプリを提供しています。
(※対応機種は別途お問い合わせください)

ウェアラブル端末にLiveOnをインストールし、WiFiからインターネットに接続をします。これにより、ウェアラブル端末からLiveOnで離れた場所にある本部や事務所と接続し、音声・映像のやり取りで情報共有や指示伝達といった遠隔支援を行うことができます。さらに、資料も共有ができるので、ウェアラブル端末のディスプレイにマニュアルなどを映し出し、それを見ながら作業をすることも可能となります。

そもそも建設現場で使われるウェアラブル端末ってどんなもの?

そもそも建設現場で使われるウェアラブル端末ってどんなもの?

ウェアラブル端末のラインナップは様々ですが、建設現場では両手を空けて作業をする必要があるため、頭部に装着するタイプが一般的です。そういったウェアラブル端末は、ヘッドマウントディスプレイ、スマートグラスなどと呼ばれることもあります。ウェアラブル端末には、相手の映像や資料などを映し出すディスプレイ、手元の映像を映すカメラ、音声のやり取りを行うマイク・スピーカーが搭載されています。形状は大きく分類して両目型と片目型、メガネのように装着するタイプ、ヘルメットなどに装着するタイプなどに分類されます。

作業をしながらやり取りが可能!手元の作業の様子がリアルタイムで確認できる

手元の作業の様子がリアルタイムで確認できる

通常、Web会議を行おうと思うとPCやスマートフォン/タブレット端末を用いて接続をする必要がありますが、建設現場などではそういった端末の持ち込みが難しい場合もあります。また、作業を行う作業員は両手を空ける必要があるため、そもそもWeb会議に接続ができないという問題もありました。

それを解決できるのがウェアラブル端末です。
ウェアラブル端末なら、頭部やヘルメットに装着でき、ウェアラブル端末自体にディスプレイ・カメラ・マイク・スピーカーが搭載されているので、両手を空けた状態でやり取りをすることが可能となります。また、作業員の目線の映像をリアルタイムで確認できるため、指示を出す側も正確な状況を把握したうえで的確な指示を行うことができます。

ウェアラブル端末 × LiveOnの遠隔支援で、建設現場にも働き方改革を

このように、ウェアラブル端末とWeb会議システム「LiveOn」を組み合わせることで、遠隔支援による迅速かつ効率的な現場管理を実現することができます。さまざまな業界で働き方改革への取り組みが進む中、人材不足の課題を抱える建設業界においても働き方改革は重要な取り組みであるといえます。ウェアラブル端末やWeb会議システムといったツールを活用することで、建設現場においての新しい情報共有やコミュニケーションの仕組みを構築することができます。

「遠隔支援をウェアラブル端末で!建設現場管理への活用」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

Web会議システム LiveOn(ライブオン)は、クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現をします。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

すべての機能を14日間無料でお使いいただけます。

14日間無料トライアルのお申込はこちら

ご相談やお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

PAGE TOP