オンライン内見・Web内見とは?IT重説だけじゃない!Web会議システムで実現する不動産業界の新しい取り組み|LiveOn Cafe

業種別利用シーン

オンライン内見・Web内見とは?IT重説だけじゃない!Web会議システムで実現する不動産業界の新しい取り組み

2019/10/01
オンライン内見・Web内見とは?IT重説だけじゃない!Web会議システムで実現する不動産業界の新しい取り組み

今、不動産業界で注目されている「オンライン内見(Web内見)」というサービスをご存じでしょうか。これまで物件の内見は実際にお客様がその物件を訪れて内見をするという形でしたが、このオンライン内見(Web内見)のサービスを導入すれば、お客様は自宅や出先にいながら遠隔で物件の内見をすることができるようになります。ここでは、Web会議システムを活用したオンライン内見(Web内見)の仕組みやメリットなどをご紹介します。

自宅にいながら物件の内見ができる!オンライン内見(Web内見)の仕組みとメリット

不動産業界では、重要事項説明をオンラインで行うことができる「IT重説」に始まり、サービスのオンライン化が進んでいます。その中のひとつが「オンライン内見(Web内見)」です。それでは、オンライン内見(Web内見)とは具体的にどのような仕組みでどのようなメリットがあるのでしょうか。

オンライン内見(Web内見)とは

オンライン内見(Web内見)とは

オンライン内見(Web内見)とは、実際に物件を訪問することなく、オンライン経由で自宅や出先から物件の内見をすることができるサービスです。利用者はパソコンやスマートフォン・タブレット端末から不動産業者が提供するオンライン内見(Web内見)のサービスにアクセスし、現地にいる不動産会社のスタッフとリアルタイムに映像と音声でやり取りを行います。

現地のスタッフと会話をしながら部屋の様子や間取りなど見たい場所をカメラで映してもらい、リアルタイムの映像で物件を画面越しに内見することができるので、実際に現地に行って内見をするのと同じように物件の詳細を確認することができます。

Web会議システムを活用したオンライン内見(Web内見)の仕組み

Web会議システムを活用したオンライン内見(Web内見)の仕組み

映像と音声のやり取りを必要とするオンライン内見(Web内見)には、Web会議システムの仕組みが活用されています。
Web会議システムはインターネット回線を用いて離れた場所にいる相手と映像と音声でコミュニケーションを取ることができるので、オンライン内見(Web内見)にはぴったりのサービスです。

特別な機材や準備は不要!

Web会議システムはパソコンだけでなくスマートフォン・タブレット端末からもアクセスすることができます。パソコンやスマートフォン・タブレット端末内蔵のカメラやマイク・スピーカーをそのまま使用することができるので、特別な機器などを準備する必要はありません。
利用者は不動産会社からメールなどで送付されたURLにアクセスするだけでオンライン内見(Web内見)に接続することができます。

Web会議システムなら物件の様子も鮮明に見える!

無料の映像・音声のコミュニケーションツールもありますが、無料のツールは音声や映像の品質が満足でない場合がほとんどです。いざ接続をしたものの、映像が固まってしまったり音声が途切れてしまったりすると、オンライン内見(Web内見)が成り立ちません。Web会議システムであれば鮮明な映像とクリアな音声でやり取りを行うことができ、品質も安定しているため安心して利用することができます。

ご利用シーンとメリット

オンライン内見(Web内見)はどのようなシーンで活用されているのでしょうか。具体的な活用シーンとオンライン内見(Web内見)のメリットをご紹介します。

ご利用シーン①:遠方への引っ越しが決定、現地に行く交通費や時間の負担が厳しい
ご利用シーン①:遠方への引っ越しが決定、現地に行く交通費や時間の負担が厳しい

進学や就職などのライフステージの変化に伴って発生する引っ越しと部屋探し。それが遠方だった場合、現地へ行って物件探しを行うためには高額な交通費と時間が掛かってしまいます。実際に色々な物件を見てみたいけれど、お金と時間の問題で何度も現地を訪れることが難しいという問題も、オンライン内見(Web内見)であれば簡単に解決できます。

オンライン内見(Web内見)のサービスを利用すれば、自宅にいながら簡単に遠方の物件も内見することができるようになります。部屋の雰囲気や窓からの景色など、写真だけではわからない現地の様子も映像でしっかりと確認できることに加え、現地にいる不動産会社のスタッフに指示を出すことで、実際に内見しているのと同じように自分の見たい場所を確認することができます。

ご利用シーン②:物件を内見する時間がない

例えば転勤の場合、内示から赴任までの時間が非常に短いことも多いので、部屋探しをする十分な時間がない場合があります。転勤先が遠方の場合はなおさらその時間を確保することが難しく、実際に現地に行って内見するとなると、たった1日で物件を見て回って決めないといけない!という事態になってしまいます。

そんなとき、オンライン内見(Web内見)であれば現地に行く時間が必要ないので、焦らずにじっくりと物件を内見することができます。また、重要事項説明をオンラインで行う「IT重説」を活用すれば、契約時も店舗に行く必要がなくなります。

「IT重説」開始!不動産業界で注目されるWeb会議システム

ご利用シーン③:効率良くたくさんの物件を内見したい

たくさんの物件を見たい場合、いくつもの不動産会社や物件を回る必要が出てきます。しかし、オンライン内見(Web内見)であれば直接現地の物件へ行く必要がありません。移動時間が必要ないので、効率良くたくさんの物件を内見したい!という場合にもオンライン内見(Web内見)は最適です。

「オンライン内見(Web内見)」に対応できるWeb会議システムならLiveOn

オンライン内見(Web内見)」に対応できるWeb会議システムならLiveOn

ここでご紹介するWeb会議システム「LiveOn」は、高品質・高機能・簡単操作を特長とする完全自社開発の製品です。オンライン内見(Web内見)で必要とされる鮮明でスムーズな映像を実現し、物件の様子もしっかりと確認することができます。

最大フルハイビジョン画質まで対応!鮮明な映像で詳細までしっかり!

LiveOnは最大でフルハイビジョン画質まで対応しています。物件の細かな部分や色合いなど、写真だけでは伝わりにくい部分も鮮明な映像で確認することができます。

遅延のないスムーズな音声と映像で安定した通信を実現

せっかくオンライン内見(Web内見)のサービスを提供しているにも関わらず、内見中に音声が途切れてしまったり映像が固まったりしてしまっては満足なサービスを提供することができません。LiveOnは独自技術である自動帯域制御機能とジッタバッファ制御機能を搭載しており、遅延のないスムーズな音声と映像で安定した通信を実現しています。お客様にサービスを提供するオンライン内見(Web内見)でも安心してご利用いただくことが可能です。

「オンライン内見・Web内見とは?IT重説だけじゃない!Web会議システムで実現する不動産業界の新しい取り組み」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

Web会議システム LiveOn(ライブオン)は、クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現をします。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

すべての機能を14日間無料でお使いいただけます。

14日間無料トライアルのお申込はこちら

ご相談やお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

PAGE TOP