Web会議システムLiveOn

独自技術で、Web会議にさらなる品質と安全を生みだす

圧倒的にスムーズで安定した通信

LiveOnは、“オンプレミス型Web会議システム シェアNO.1” ※1のサービスです。
高くご評価いただいている理由は、独自のデータ圧縮技術により、低帯域な環境でもスムーズな通信が行えること。LiveOnがリリースされた2004年当時から、インターネットの回線速度が未熟な状況でも、高品質で安定したWeb会議を実現してきました。(SaaS版もございます)

メイド・イン・ジャパンの価値

「ジャパンメディアシステム」は、国内を拠点に活動する日本のメーカーです。当初からLiveOnの完全自社開発にこだわり進化させてきました。お客様からの日本製であることへの信頼とともに、コストを抑えたいというニーズにもお応えし続けています。

※1:出典:株式会社シード・プランニング「Withコロナ時代のビデオ会議/Web会議の最新動向2022」

LiveOnが選ばれる理由

Web会議の黎明期からシステムを自社で開発・販売してきた長年の実績と、磨き上げてきた技術力。
それに裏打ちされた確かな品質や、万全のセキュリティなどが支持されています。

独自技術で実現する安定の通信品質

ストレスのない通信には、“データの軽さ”が重要です。LiveOnは、独自のデータ圧縮技術により、一般的なWeb会議システムに比べて圧倒的に少ないデータ通信量でのWeb会議を可能にしました。
それにより、音声の途切れや遅延を回避し、多拠点接続や低帯域な環境下でのスムーズなコミュニケーションを実現。最大150画面の同時表示もご利用いただけます。

万全のセキュリティでサービス開始以来トラブルなし

LiveOnは、通信データを全て「AES(Rijndael)」で暗号化処理。また、法人・団体向けのサービスであることから、回線内に無料ユーザーが混在するようなこともありません。
そのため、サービス開始から20年以上、セキュリティに関する問題は一度も起きていません。よりセキュリティを重視されるお客様には、オンプレミスでの提供も可能です。

多彩な機能と、他社には真似できないカスタマイズ性

「資料共有機能、動画配信機能、録音録画機能」など、幅広い利用シーンに対応できる多彩な機能を搭載。そして、完全な自社開発システムだからこその、他社には真似のできない柔軟なカスタマイズ対応(オンプレミス型のみ)が魅力です。Web会議システム専業メーカーとして20年以上にわたり培ったノウハウにより、UIや操作性の変更、機能の追加などのニーズにお応えしてきました。大規模なカスタマイズ実績も豊富ですので、お客様ごとの課題やご要望に沿った最適なご提案ができます。

メイド・イン・ジャパンならではの手厚いサポート

海外製のシステムでは、導入後のサポートに対する不満をお客様からよく耳にします。日本のメーカーである当社が開発・販売するLiveOnなら、導入後の運用までしっかりフォロー。お客様ごとに専任の営業スタッフが付いてサポートいたします。トラブル発生時にはもちろん、日常の些細な問い合わせなどにも迅速に対応。重要な会議やイベントでの利用も安心です。

導入プラン・費用

Web会議システムLiveOnは、SaaS版とオンプレミス版の2つのプランをご提供しています。

  • SaaS版

    サーバー等の設備投資を必要とせず、手軽に利用できるサービスです。
    お申し込み後、すぐにご利用いただけます。

    • 簡単に、手軽に利用したい
    • サーバー等の設備投資や管理をしたくない
    • 月額制の安価な運用コストで利用したい

    SaaS版

    クライアント
    ソフトライセンス

    78,000
    (税込 85,800円)/1ライセンス

    月額利用料
    (定額制)

    3,000
    (税込 3,300円)/1ライセンス

    オプション機能

    多人数モード機能、スケジュール機能、コール機能、管理者用ツール(AdminTool)機能、ID追加登録機能、アプリケーション共有・デスクトップ共有、フルHD画質対応
    ※価格は別途お問い合わせください。

  • オンプレミス版

    お客様のネットワークやデータセンター内にLiveOnサーバーを構築するプランです。お客様専用のシステムとして導入するプランなので、カスタマイズも可能です。

    • よりセキュアな環境で利用したい
    • 導入ライセンス数の規模が大きい
    • 自社に合わせたカスタマイズをしたい
    • 運用に合わせたカスタマイズをしたい

    オンプレミス版

    サーバーソフト

    1,000,000
    (税込 1,100,000円)

    クライアント
    ソフトライセンス

    78,000
    (税込 85,800円)/1ライセンス

    年間利用料

    ソフトウェアの合計の25%

    オプション機能

    ID追加登録機能、コール機能
    ※価格は別途お問い合わせください。

    ※サーバーハードウェア機器・設定費等は別途必要となります。

推奨周辺機器

LiveOn をより快適にご利用いただくための推奨周辺機器のご案内です。Web会議・テレビ会議と言っても様々なご利用形態があります。
それぞれの環境に合った周辺機器をご用意いただくことで快適なWeb会議が可能となります。

※「お客様のご利用条件下での動作」を保証するものではありません。

カメラ

マイクスピーカー・ヘッドセット

  • 大中会議室用

    ヤマハ YVC-1000

    マイクは5台まで連結可能で、8~30名規模の中大会議に最適
    ハンドマイクを接続することで、遠隔セミナーでの使用も可能

  • 中小会議室用

    ヤマハ YVC-330

    4~10名程度の小規模遠隔会議に最適
    騒がしいオープンスペース・静かな会議室それぞれの利用に適した2つのモードを搭載

  • 小会議室・個人用

    ヤマハ YVC-200

    1~4名程度の打合せに最適
    バッテリー搭載でミーティングコーナー・自宅・外出先などあらゆる場所で利用可能

  • デスクトップ用

    Logicool USB ヘッドセット

    ほとんどの各社ヘッドセットがご利用可能です。その他の機器については、お気軽にご相談ください。

モニター・プロジェクター

  • MAXHUB V5 V Series

    次世代型コミュニケーションボード

    MAXHUBは、カメラ、マイク、スピーカー、手書きタッチパネル、Windows PCが一体化した会議のための「次世代型コミュニケーションボード」です。

  • 各社液晶モニター

    PC画面を表示できるモニターほとんどが対応可能です。推奨については、お気軽にご相談ください。

  • 各社プロジェクター

    PC画面を表示できるプロジェクターほとんどが対応可能です。推奨については、お気軽にご相談ください。

スマートフォン版アプリケーションの入手

「LiveOn」をスマートフォンでご利用になるお客様は、予めアプリケーション(無料)をダウンロードしインストールを行ってください。

オンラインヘルプ

スマートフォン・タブレット版アプリのオンラインヘルプをPDFでご覧いただけます。
詳しい操作方法などは、こちらのオンラインヘルプをご確認ください。

※PDFビューワーが無い端末ではPDFファイルを閲覧できませんので、別途PDFビューワーをインストールしてご覧ください。

LiveOnバージョンアップ履歴

LiveOn19.2 2023/05
[LiveOn ver19.2・ver19.2i] 自己画面の背景ぼかし及び任意の画像を設定できるカスタム背景機能を追加しました。相談窓口用途向けとして、コール機能のコンテンツを階層表示することが出来るようになりました。
ブラウザ版LiveOn1.4.0 2023/03
[ブラウザ版LiveOn1.4.0] 自己画面の背景に、任意の画像を設定できるカスタム背景機能を追加しました。
ブラウザ版LiveOn1.3.0 2023/01
[ブラウザ版LiveOn1.3.0] 自己画面の背景ぼかし機能を追加。相手映像をキャプチャし、アプリケーション共有機能で共有して描画する機能を追加しました。
LiveOn19.1 2023/01
[LiveOn ver19.1・ver19.1i] 音声圧縮方式を改善し音声サンプリングレートの選択を廃止し48kHz固定となり、より高品質な音声で会話が可能となりました。
ブラウザ版LiveOn1.2.0 2022/11
[ブラウザ版LiveOn1.2.0] アプリ版のLiveOnからブラウザ版の参加者に対してアプリケーション共有のユーザー権限を設定できるようになりました。エコーキャンセラ機能を改善しました。その他、軽微な改善、不具合の修正。
ブラウザ版LiveOn1.1.0 2022/10
[ブラウザ版LiveOn1.1.0] 自己画面・相手画面および参加者リストにマイクのオン/オフ状態が表示されるように変更。マイク/スピーカー選択ボタンからマイクとスピーカーの音量を調整できるようになりました。その他、軽微な改善、不具合の修正。
ブラウザ版LiveOn1.0 2022/07
[ブラウザ版LiveOn1.0] ブラウザ上で簡単にLiveOnに接続ができるブラウザ版LiveOnをリリース。LiveOnのアプリケーション(DownloaderおよびLiveOnクライアント)をパソコンにインストールすることなく、ブラウザ上でLiveOnをご利用いただけます。(※一部機能制限あり)
LiveOn19.0 2022/07
[LiveOn ver19.0・ver19.0i] 議長による参加者への権限付与機能やマジックビューでの描画機能など、LiveOnのご利用シーンが更に広がる機能を追加。ユーザーインターフェイスの更なる改良や長時間の会議でのスクリーンセーバーへの移行抑止機能など、より使いやすいWeb会議システムとなるよう改良、ほか。
LiveOn18.0 2021/06
[LiveOn ver18.0・ver18.0i] 音声の制御方法として「エコーサプレッサ機能」を追加。会議室入室時にマイク・スピーカーが正常に機能しているか確認する「自己音声チェック機能」の追加。デスクトップ共有(※オプション)での「マルチディスプレイへの対応」ほか。
LiveOn17.0 2020/06
[LiveOn ver17.0・ver17.0i] グループディスカッションをサポートするグルーピング機能を追加。また、LiveOnメイン画面(デザイン切替)やプレゼンス機能のユーザーインターフェイスの刷新ほか。
LiveOn16.0 2019/06
[LiveOn ver16.0・ver16.0i] オプション機能のHD画質対応をフルHD画質対応とし、新たに1920×1080のビデオサイズを追加。LiveOnのメイン画面の拡大表示や各画面の表示位置の保存が可能に。
LiveOn15.0 2018/06
[LiveOn ver15.0・ver15.0i] 議長による「遠隔設定機能」を追加。録音録画機能・メディア再生機能の改良、MP4形式のファイルに対応。プレゼンス機能の改良、プレゼンス機能を無償オプション化ほか。
>LiveOn14.0 2017/06
[LiveOn ver14.0・ver14.0i] 最大150人まで同時に参加可能な「大型会議室」を追加。ハード型テレビ会議連携機能を改良し、他社製のハード型テレビ会議端末の呼び出しに対応ほか。
LiveOn13.0 2016/06
[LiveOn ver13.0・ver13.0i] ハード型テレビ会議連携に対応。帯域制御機能、多人数モード会議室、プレゼンス機能、招待機能の改良ほか。
LiveOn12.0 2016/04
[LiveOn ver12.1・ver12.1i] 従来よりさらにリアルタイムに近い会話が可能となるよう音声通信の改善。
2015/04
[LiveOn ver12.0・ver12.0i]「エコーキャンセラ」「議長権固定機能」の追加。「自動整列モード」「資料共有機能」「多人数モード会議室」の改良。
一部のネットワークカメラへの対応ほか。
LiveOn11.0 2014/11
[LiveOn ver11.1・ver11.1i] ログファイルを最大10世代まで残るよう拡張。その他ASPサービスシステム強化。
2013/10
[LiveOn ver11.0・ver11.0i]「招待機能」「コール機能」の追加。アプリケーション共有、スケジュール機能の改良。多人数モード会議室の入室可能人数制限を無制限に改良。
LiveOn10.0 2012/06
[LiveOn ver10.0・ver10.0i] スマートフォン・タブレット端末(iOS/Android)への対応。中国語対応。
LiveOn9.0 2011/05
[LiveOn ver9.0・ver9.0i] 資料共有機能の強化(PDFファイル対応など)。ASPサービスサーバ構成強化。
LiveOn8.0 2010/03
[LiveOn ver8.0・ver8.0i] 従来の640×480までのビデオサイズに加え1280×720までの「HD画質」に対応。投票や意思表示の集計が簡単に行える「アンケート機能」を追加。
LiveOn7.0 2009/11
Windows 7(32bit版/64bit版)対応。
2009/01
[LiveOn ver7.0・ver7.0i] Internet Explorer以外の代表的なWebブラウザに対応。LiveOnをより手軽に利用できるよう「プレゼンス機能」を追加。
LiveOn6.0 2008/04
[LiveOn ver6.0 ver6.0i] 映像圧縮方式として新たにH.264/MPEG-4 AVCに対応。会議室リスト画での検索機能搭載。
LiveOn5.0 2007/10
[LiveOn ver5.0・5.0i] メディア再生機能追加、会議参加者へ配信可能。録音・録画ファイル形式を一般的なAVIに変更。
LiveOn4.0 2007/03
[LiveOn ver4.0]Windows Vistaに対応。
2007/02
[LiveOn イントラパックver4.0i] アプリケーション共有機能、映像解像度640×480に対応。
LiveOn3.0 2006/09
通信の暗号化によるセキュリティの強化やユーザー情報の強化、IE7への対応。
2006/04
[LiveOn イントラパックver3.0i] 1000拠点まで同時に参加可能な多人数モードを搭載。
LiveOn2.0 2005/10
会議室最大参加拠点数を20拠点まで拡張、「音声サンプリングレート」の追加他新機能を搭載。
LiveOn1.0 2005/08
[LiveOn V1.2]「通信帯域の自動制御機能」「ノイズリダクション機能」他新機能を搭載。
2005/01
[LiveOn V1.1] テレビ会議ソフト初、「通信ポート自動検出接続機能」を搭載。
2004/10
Web会議システム[LiveOn ライブオン]を発売。
Vchat 2001/10
biglobeサイトで顔の見えるテレビ電話システムを販売開始。
2001/09
OCNサイトでインターネットビデオチャットシステム[Vchat]を販売開始。

各種お問い合わせ

Web会議システム LiveOn(ライブオン)お気軽にご相談下さい。
専門スタッフがお客様のご相談にお答え致します。

よくあるご質問