YAMAHA PJP-50USB音声サンプリングレート変更方法(Windows Vista/7の場合)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

よくあるご質問

YAMAHA PJP-50USB音声サンプリングレート変更方法(Windows Vista/7の場合)

  1. USBケーブルでPJP-50USB本体とPCを接続し、ACアダプター/電源コードをコンセントに接続します。

    ※電源を入れると水色のLEDランプが点灯し、起動音が鳴ります。

    USBケーブルでPJP-50USB本体とPCを接続し、ACアダプター/電源コードをコンセントに接続します。

  2. タスクバーのスピーカーアイコンの上で右クリックし「再生デバイス」をクリックします。

    タスクバーのスピーカーアイコンの上で右クリックし「再生デバイス」をクリックします。

  3. 「再生」タブが開いたら「USBオーディオデバイス」の上で右クリックし「プロパティ」をクリックします。

    「再生」タブが開いたら「USBオーディオデバイス」の上で右クリックし「プロパティ」をクリックします。

  4. スピーカーのプロパティで「詳細」タブを開き「規定の形式」のプルダウンの中から「16ビッド、48000Hz(DVDの音質)」を選択し「OK」をクリックします。

    スピーカーのプロパティで「詳細」タブを開き「規定の形式」のプルダウンの中から「16ビッド、48000Hz(DVDの音質)」を選択し「OK」をクリックします。

    以上で設定変更は完了です。

| YAMAHA マイクスピーカPJPシリーズをご利用中の方に戻る |

YAMAHA PJP-50USB音声サンプリングレート変更方法(Windows Vista/7の場合)についての質問と回答ページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。