ブラウザ版LiveOnについて|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

Web会議システムLiveOnのお問い合わせ
Web会議システムLiveOnにログイン

LiveOn Call - 遠隔相談システム

平素はLiveOnをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
この度リリースいたします、「ブラウザ版LiveOn」についてご案内いたします。

ブラウザ版LiveOnの概要

ブラウザ版LiveOnでは、LiveOnのアプリケーション(DownloaderおよびLiveOnクライアント)をパソコンにインストールすることなく、ブラウザ上でLiveOnをご利用いただけます。

これまでは、外部の方をLiveOnに招待する場合やセミナー開催時など、初めてLiveOnをご利用になる方にはアプリケーションのインストールを行っていただく必要がありました。
ブラウザ版LiveOnをご利用いただくことで、インストールの手間なく、ブラウザ上で簡単にLiveOnに接続ができるようになります。

※現在LiveOnをご利用中のお客様は、ユーザーIDおよびパスワードはそのままに、従来のアプリ版LiveOnとブラウザ版LiveOnの両方をお使いいただけます。

※ただし、ブラウザ版LiveOnには一部機能制限がございますので、現在LiveOnをご利用いただいているお客様は、ご契約されている全ての機能を利用可能な従来のLiveOn(アプリ版LiveOn)での入室をお奨めいたします。

■動作環境

Windows、MacおよびAndroid における以下ブラウザの最新版でご利用いただけます。

  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari

※ Android(Android 8.0以上推奨)ではChromeでのみご利用いただけます。
※ iOS環境ではブラウザ版LiveOnをご利用いただけません。

ブラウザ版LiveOnリリース後の変更点

ブラウザ版LiveOnのリリースにより、会議室リスト画面や入室方法、招待用URLからの入室方法が以下の通り変更となります。

※なお、画面レイアウトや画面内文言等はリリース時に変更になる可能性があります。

■会議室リスト画面および入室時の操作

会議室リスト画面の「入室」ボタンが、「アプリで入室」「ブラウザで入室」の2つになります。

入室する会議室を選択後、アプリ版LiveOnで入室するか、ブラウザ版LiveOnで入室するかを選択していただく形となります。

※操作方法の詳細は「操作方法・画面のご案内」をご参照ください。

<会議室入室時の画面>

■ブラウザ版LiveOn専用のユーザーインターフェイス

ブラウザ版LiveOnは、アプリ版LiveOnとはユーザーインターフェイスが大きく異なります。

※詳細は「ブラウザ版LiveOnのユーザーインターフェイスについて」をご参照ください。

<アプリ版LiveOn> <ブラウザ版LiveOn>
アプリ版LiveOn画面 ブラウザ版LiveOn画面

操作方法・画面のご案内

■ブラウザ版LiveOnのご利用方法

<LiveOnにログインしてご利用になる場合(WindowsおよびMac)>

※既にLiveOnをご利用されているお客様は、ユーザーIDおよびパスワードをそのままお使いいただけます。再度新規登録を行う必要はございません。

  1. LiveOnにログイン後、会議室を選択し、「ブラウザで入室」ボタンをクリックします。

  2. ブラウザからカメラおよびマイクの利用を確認される場合は許可をしてください。

<招待用URLから入室する場合>

  1. 会議主催者から受信した招待用URLでLiveOnのログイン画面にアクセスし、名前を入力後、「ブラウザでログイン」ボタンをクリックします。

■ブラウザ版LiveOnのユーザーインターフェイスについて

ブラウザ版LiveOnは、LiveOnとはユーザーインターフェイスが大きく異なります。

<通常会議室 メイン画面>

全ての参加者の映像が中央に表示されます。

カメラON/OFF カメラ映像の表示を切り替えます。
カメラ選択 カメラデバイスを選択します。
マイクON/OFF マイクのON/OFFを切り替えます。
スピーカーON/OFF スピーカーのON/OFFを切り替えます。
マイク/スピーカー選択 マイクとスピーカーのデバイスを選択します。
アプリケーション共有 アプリケーション共有を開始します。
テキストボックス テキストボックスを開きます。
参加者リスト 参加者リストを開きます。
全画面表示 全画面表示に移行します。
ブラウザのF11キーと同じ機能です。
退室 会議室を退室し、会議室リスト画面に戻ります。
個別スピーカーON/OFF ユーザーごとに音声のON/OFFを切り替えます。
個別音量調整 ユーザーごとに音量を調節します。
相手画面メニュー 相手画面のメニューを開きます。
議長権変更 議長権を渡します。
強制退室 強制的に退室させます。

<多人数モード画面> ※オプション機能

自己映像は左上に固定され、メインユーザーが中央に大きく表示されます。
メインユーザー以外の発言者は音声は聞こえますが、映像は表示されません。

<コール機能(カスタマー)画面> ※オプション機能

自己映像は左上に固定され、全てのオペレーターの映像が中央に表示されます。

ブラウザ版LiveOnの機能

ブラウザ版LiveOnでは、以下の機能が利用可能です。
※一部機能制限がありますのでご注意ください。

■LiveOn上の会議室への入室
通常会議室および多人数モード会議室への入室が可能です。
※メインユーザーとして多人数モード会議室への入室はできません。
※大型会議室への入室はできません。
※多人数モード会議室はオプション機能となります。
■映像・音声デバイスの選択
ご利用の端末で利用可能な映像および音声デバイスの選択が可能です。
※Google Chrome及びMicrosoft EdgeのようなChromiumベースのブラウザ以外ではスピーカーの選択を行うことができません。
■テキストボックス機能
参加者全員と文字によるメッセージを共有することが可能です。
■画面共有(アプリケーション共有)機能
自身が議長の時や議長から共有の要求があった場合に、デスクトップやアプリケーション、使用中のブラウザのタブを共有することが可能です。
また、他参加者が共有する画面を表示することが可能です。
※アプリケーション共有機能はオプション機能となります。
※操作の要求は行えません。
■コール機能
ブラウザ版のWebお問い合わせURLからカスタマーとして呼び出しを行うことが可能です。
※オペレーターとしてのご利用はできません。
※コール機能はオプション機能となります。

<ご注意点>

ブラウザ版の機能には、以下の制限があります。

  • 大型会議室に入室することはできません。
  • 多人数モードではメインユーザーでの入室ができません。
  • コール機能はカスタマーのみの利用となります。
  • 多人数モードで発言要求を行うことはできません。
  • 画面解像度は最大640×480、最大15フレームとなります。
  • 以下の機能は利用できません。
    資料共有・ホワイトボード・メディア再生・録音・録画・マジックビュー・ファイル送信・メッセージ送信・アンケート・グルーピング

従来のLiveOn(アプリ版LiveOn)でご利用になる場合

ブラウザ版の入室ボタン追加に伴い、従来の入室ボタン位置が変更されますのでご注意ください。

<LiveOnにログインしてご利用になる場合>

    LiveOnにログイン後、会議室を選択し、 「アプリで入室」ボタンをクリックしてください。

<招待用URLから入室する場合>

    会議主催者から受信した招待用URLでLiveOnのログイン画面にアクセスし、名前を入力後、「アプリでログイン」をクリックして入室してください。

ブラウザ版LivOn オンラインヘルプ(PDF)はこちら

製品情報内ページ一覧

| 製品情報TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」のブラウザ版LiveOnについてのページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。