対応ブラウザ変更及びMicrosoft Edge/Google Chromeへの対応について|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

Web会議システムLiveOnのお問い合わせ
Web会議システムLiveOnにログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 新着情報 > 2015年新着情報一覧 > 対応ブラウザ変更及びMicrosoft Edge/Google Chromeへの対応について

新着情報

2015/09/01 サポート情報

対応ブラウザ変更及びMicrosoft Edge/Google Chromeへの対応について

平素はWeb会議システムLiveOnをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

2015年9月1日(火)にLiveOn ASPサービスにおいて実施いたしました、対応ブラウザの変更及び Microsoft Edgeへの対応/Google Chrome 45以降での仕様変更への対応についてお知らせいたします。

既にLiveOnをご利用いただいているPCにつきましては今回の変更による影響はございませんが、2015年9月に予定されているGoogle Chrome 45へのバージョンアップを適用されますと、下記の【2】を実施していただく必要がございます。

また、初めてLiveOnをご利用になるPCへの各ブラウザでの入室方法は、下記をご参照ください。

▼各ブラブザ別の会議室入室方法
http://www.liveon.ne.jp/support/faq/spec_15.html

【1】Windows10の標準ブラウザ Microsoft Edgeに対応

Windows10の標準ブラウザであるMicrosoft Edgeに対応し、Microsoft EdgeでLiveOnのご利用が可能となりました。

ご利用方法につきましては、下記URLをご参照ください。

▼Microsoft Edgeを使用する場合
http://www.liveon.ne.jp/support/faq/browser/MicrosoftEdge.html

【2】Google Chromeの仕様変更に対応

2015年9月に実施予定のGoogle Chromeの仕様変更に対応いたしました。

Google Chrome 45以降にバージョンアップされた場合、初回入室時に下記URLの手順で会議室への入室を行っていただく必要がございます。

※ブラウザの自動更新でもバージョンアップされますのでご注意ください。

▼Google Chromeを使用する場合
http://www.liveon.ne.jp/support/faq/browser/Chrome.html

【3】動作環境の変更

Microsft Edgeへの対応に伴い、対応ブラウザにMicrosft Edgeを追加し、以下の通りといたします。

  • Microsoft Edge
  • Internet Explorer 7.0以降
  • Firefox / Opera / Google Chrome 各最新版

Safariは、開発元の提供終了に伴い動作環境外といたしました。
変更後も動作することを確認しておりますが、今後のバージョンアップや機能強化により予告なくご利用いただけなくなる場合がございます。
対応OSにつきましては、従来通り変更はございません。

ご不明な点がございましたら弊社まで、お問い合わせください。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

前へ  |  2015年新着情報一覧に戻る  |  次へ