SSL3.0 の脆弱性対策|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

Web会議システムLiveOnのお問い合わせ
Web会議システムLiveOnにログイン

新着情報

2014/10/20 お知らせ

SSL3.0 の脆弱性対策について(CVE-2014-3566)

2014年10月14日にSSL3.0の脆弱性に関する問題が公表されました。(POODLE攻撃)
(参考)http://www.ipa.go.jp/security/announce/20141017-ssl.html

LiveOnサービスでもSSLを使用しておりますが、SSL3.0については無効化措置を実施済みであり、本脆弱性の影響を受けないよう対処してあります。
引き続き安心してご利用下さい。

Internet ExplorerでSSL2.0もしくはSSL3.0のみを使用する設定になっている場合、Intetnet Explorerでは、LiveOnのログイン画面を表示することができません。
Internet Explorer以外では、「入室」ボタンをクリックすると「サーバーとの接続に失敗しました。」と表示され会議室入室ができません。
以下の手順で、TLS1.0以上を使用するよう設定を変更してください。
Internet Explorer以外のブラウザをお使いの場合でも、以下の設定をお願いします。

  1. コントロールパネルを起動します。
  2. 「インターネットオプション」→「詳細設定タブ」を選択します。
    (インターネットオプションが表示されない場合は、右上の「表示方法」を「カテゴリ」以外に変更してください。)
  3. 「セキュリティ」項目中の「TLS 1.0を使用する」をチェックしてください。
  4. 「インターネットオプション」を終了し、会議室入室をお願いします。

下記のよくあるご質問も併せてご参照ください。
https:// で始まるページを表示することができません。

ご不明な点がございましたら弊社まで、お問い合わせください。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

前へ  |  2014年新着情報一覧に戻る  |  次へ