サンプリングレート・サンプリング周波数|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 用語集 > サンプリングレート・サンプリング周波数

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

- 会議システム入門 -

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

はじめてのTV会議入門

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

無料・有料のWeb会議・テレビ会議・他サービスとの比較

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「サンプリングレート・サンプリング周波数」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

サンプリングレート・サンプリング周波数 とは

読み:さんぷりんぐれーと・さんぷりんぐしゅうはすう

サンプリングレート・サンプリング周波数とは、アナログ信号からデジタル信号へ変換するADコンバーターにおいて、1 秒間に実行する標本化(サンプリング)処理の回数のこと。

単位は「Hz」で、数値が大きいほどより高速なアナログ入力信号をデジタル値に変換できるため、高音質になります。ただし、データ量も比例して増えため、ストレージ容量に制限のあるメディアやデバイスの場合は適切な周波数を選択する必要があります。

ある音を正確に記録し、再現するには、その音の周波数の倍程度の周波数でサンプリングする必要になるといわれています。音楽CDで採用されているサンプリング周波数は44.1kHzで、この場合は声波形を毎秒44,100回細切れにして、それぞれの時点の音声情報をデジタル情報にしたものです。

人間は通常20Hz~個人差がありますが、15kHzないし20kHz程度の音を音として感じることができ、この周波数帯域を可聴域といいます。

サンプリングレートとビットレートの違い

サンプリングレートとビットレートは、音声データの圧縮前と後での音質を表すのに使い分けられます。

サンプリングレートは、「1秒間に実行する標本化処理の回数」を表す値です。
例えば、標準的なサンプリングレートである44.1kHzの場合、毎秒44100回標本化を行うということです。
この数が多ければ多いほど、滑らかな音になり音質が良くなったと感じることができます。つまり、サンプリングレートの数値が音質を表します。

これに対し、ビットレートは「音量を何段階で表すか」を表す値です。
例えば、標準的なビットレートである16ビットの場合、情報量を2の16乗(=65536段階)で分割します。ビット数が低いと、ザラついたような音質になり、サンプリングレートと同様にビットレートの数値が高いほど多くの情報を再現できるので音質が良くなります。

サンプリングレート   ビットレート
サンプリングレート   ビットレート
時間の軸を分割
44.1kHzの場合、毎秒44100分割
  情報量を縦に分割
16bitの場合、情報量を2の16乗で分割

LiveOnの対応サンプリングレート

LiveOnでは会議室作成時、「8kHz、11kHz、16kHz、22kHz、32kHz」の5パターンより選択可能です。LiveOnは最大32kHzまで対応しているため、クリアな音質で会議を行うことが可能です。

地声に近い音声でコミュニケーションが取れるため、非常に聞き取りやすく、長時間の会議でもストレスなく快適にご利用いただけます。

会議室作成時に設定したサンプリングレートは変更画面より変更することも可能です。

主なサンプリング周波数
LiveOn:8kHz ~ 32kHz
電話(ISDNなど):8kHz
YouTube動画(標準):22.05kHz
FMステレオ放送中継:32kHz
CD-DA:44.1kHz
DAT・miniDVビデオ:32kHz ~ 48kHz
会議室作成画面

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「サンプリングレート・サンプリング周波数」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。