オンプレミス(閉域網)型のWeb会議システムとは?クラウド型との違いやメリットを解説|LiveOn Cafe

Web会議の選定ポイント

Web会議の選定ポイント オンプレミス(閉域網)型のWeb会議システムとは?クラウド型との違いやメリットを解説

2021/04/12
オンプレミス型のWeb会議システムとは?クラウド型との違いやメリットを解説

Web会議システムのサービス形態には、大きく分けて「クラウド(ASP)型」と「オンプレミス型」があります。最近では様々なIT製品でクラウド型のサービスが増えていますが、一方でセキュリティ面を重視するお客様では「オンプレミス型」を選択されるケースもあります。ここでは、オンプレミス型のWeb会議システムについて、クラウド型との違いやメリットなどをご紹介します。

オンプレミス型のWeb会議システムとは

まずWeb会議では音声や映像のやり取りを行うためにサーバーへアクセスをしますが、Web会議システムにおける「クラウド型」と「オンプレミス型」は、この接続するサーバーによって分けられています。自社のネットワーク内に構築したサーバーにアクセスして運用するのが「オンプレミス型」、サービス提供業者が管理するサーバーにインターネット経由でアクセスするのが「クラウド型」となります。

オンプレミスのメリット

Web会議システムにおけるオンプレミスにはどういったメリットがあるのでしょうか。オンプレミスのメリットについてご紹介します。

セキュリティの安全性が高い
セキュリティの安全性が高い

オンプレミス型のWeb会議システムの最大のメリットは、セキュリティ面での安全性の高さです。クラウドの場合は不特定多数がインターネットを介して接続するため、セキュリティ面で不安な面もあります。それに対しオンプレミス型は、自社内の閉じたネットワーク内で利用するため、第三者が入りにくく、セキュリティを強化できる点が最大のメリットです。

運用に合わせて柔軟にカスタマイズができる
運用に合わせて柔軟にカスタマイズができる

クラウド型の場合はあらかじめ決められた仕様や機能の中で運用する必要がありますが、オンプレミス型の場合はお客様専用のシステムを構築するため、ご要望に合わせたカスタマイズを行うことが可能です。インターフェイスの変更や機能の追加、既存システムとの連携など、自社の運用に合わせたより使いやすい製品を求める場合は、カスタマイズができるオンプレミス型が最適です。

安定した品質でWeb会議ができる

Web会議システムの品質はインターネットの通信環境に左右されるという側面があります。オンプレミス型の場合は接続するサーバーが自社のネットワーク内にあり、インターネットを経由せずに接続ができます。そのため、クライアント~サーバー間のレスポンスが早いというメリットもあります。また、クラウド型のようにサーバーにトラフィックが集中してファローマンスが低下するというリスクも避けることができるので、安定した品質でWeb会議ができるというメリットがあります。

オンプレミスのデメリット

オンプレミス型にはメリットがある一方、いくつかのデメリットも存在します。

導入費用が高額な場合が多い
導入費用が高額な場合が多い

オンプレミス型で導入する場合、サーバーやソフトウェアなどを自社で用意する必要があるため、クラウド型に比べるとどうしても初期費用が高額になってしまうというデメリットがあります。長く利用する場合は、ランニング費用も加味するとクラウド型よりもコストメリットがある場合もあるので、利用規模や期間を加味して検討する必要があります。

自社でサーバーの管理やメンテンナンスが必要

自社のネットワーク内にサーバーを構築するため、導入後はそれらの管理やメンテナンスも自社で行う必要があります。社内に管理できる運用担当者がいる場合は問題ないですが、そうでない場合はそれもコストとなってしまいます。

社外からのアクセスが難しい

閉じたネットワーク内で利用するためセキュリティが担保される一方、社外からスマートフォンやタブレット端末でWeb会議に参加する、社外の方を招待してオンライン商談を行う、といった場合は対応が難しくなります。

オンプレミスとクラウドの違いとは

それでは、具体的にオンプレミスとクラウドにはどんな違いがあるのか、一般的な違いをご紹介します。

  オンプレミス クラウド
セキュリティ 閉じたネットワーク環境下での利用のため安心 インターネットを経由するため不安な面もある
導入コスト
(初期費用)
高い 安い
ランニングコスト 固定の場合が多く、規模によってはクラウドより安価になる場合もある ライセンス数に比例
導入までの期間 調達・構築までに時間が掛かる すぐに利用可能
カスタマイズ性 要望に合わせて自由にカスタマイズ可能 制限あり
災害・障害発生時の対応 自社で対応する必要あり サービス提供業者が実施
セキュリティ

クラウドサービスでもしっかりとしたセキュリティ対策が施されていますが、不特定多数がインターネットを介して接続するため、セキュリティに不安な面もあります。また、サービス提供ベンダーがセキュリティ管理を行うため、セキュリティのレベルはベンダーに依存します。それに対しオンプレミス型は自社内の閉じたネットワーク内で運用をするため、セキュリティ面ではクラウド型よりも強固といえます。

コスト

初期費用においては、クラウド型は自社でサーバーなどを用意する必要がないことから、オンプレミス型に比べて非常に安価に導入することができます。ただし、クラウド型のランニングコストはライセンス数などに比例する場合が多く、ライセンス数が多い場合、利用規模が大きい場合などでは、長期的に見るとオンプレミス型のランニングコストの方が安価になる場合もあります。

導入までの期間

クラウド型の場合は契約をすればすぐに利用を開始することができます。一方オンプレミス型はハードウェアの調達や構築に時間を要するため、導入までの期間に余裕を持っておく必要があります。

カスタマイズ性

クラウド型はあらかじめ決められた仕様や機能の中で運用する必要があるため、カスタマイズには制限があります。オンプレミス型の場合は自社の専用システムとして構築するため、自由にカスタマイズを行うことができます。

災害・障害発生時の対応

災害や障害が発生した場合、クラウド型の場合はサービス提供ベンダーが復旧対応を行い、すぐに対応ができる体制を整えてサービス提供を行っています。オンプレミス型ではそういった対応も自社で行う必要があり、場合によっては復旧まで時間が掛かる可能性もあります。

オンプレミスとクラウドのハイブリッド連携

オンプレミスとクラウドのハイブリッド連携

ご紹介した通り、オンプレミス型・クラウド型それぞれにメリットとデメリットがあります。それぞれに特性があるため、どちらかを選択するのではなく、オンプレミス型とクラウド型の両方を導入し、組み合わせて運用を行う「ハイブリッド型」のケースもあります。

例えばWeb会議システムにおいては、機密情報を取り扱うような社内会議などはオンプレミス型を利用し、社外の方との打ち合わせや海外拠点との接続など、外部からのアクセスが必要なシーンではクラウド型を利用する、といった形です。

オンプレミス型のWeb会議システムなら、完全自社開発・国産のLiveOn

事例に学ぶ、臨場感あふれるWeb会議を実現する方法とは

海外製のWeb会議システムではクラウド型のみの提供となっている場合が多いですが、Web会議システム「LiveOn」は、クラウド型とオンプレミス型両方のサービスを提供しています。特にLiveOnは完全自社開発製品のため、カスタマイズを伴うオンプレミス型での導入実績が非常に豊富です。

純国産・完全自社開発だからこその強み

LiveOnは純国産・完全自社開発であり、オンプレミス型での提供を最も得意としています。自社開発の高い技術力により、お客様のご要望に応じた幅広いカスタマイズが可能です。セキュリティを重視される金融機関・官公庁・公共団体・医療機関などに多数の実績があります。

オンプレミス型での導入事例

岐阜商工信用組合様

岐阜商工信用組合様

オンプレミス版で導入するにあたり、LiveOnは初期費用・構築費を既存のテレビ会議システムの半分以下に抑えて導入することができ、その後の保守費用を加味しても大きな費用削減を実現できました。自社開発製品ならではのきめ細やかなサポートもあり、価格だけでなくサポートや品質面においても非常にバランスの良い製品であることが決め手となりました。

株式会社南都銀行様

株式会社南都銀行様

導入システムの比較検討を行う中で、LiveOnの品質(画像・音声・使用感)は他社製品に比べ秀でていました。導入後、実際に使用した行員からも評判は良く、選択に間違いはなかったと感じています。また、動画視聴(VOD)の機能を追加する等、機能拡充も行っています。ユーザーから要望の多い機能改善項目をアップデートしていくなど、サポート面も充実しており、期待している面でもあります。

Web会議システム LiveOn(ライブオン)は、クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現をします。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

「Web会議の選定ポイント オンプレミス(閉域網)型のWeb会議システムとは?クラウド型との違いやメリットを解説」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

Web会議システム LiveOn(ライブオン)は、クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現をします。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

すべての機能を14日間無料でお使いいただけます。

14日間無料トライアルのお申込はこちら

ご相談やお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

PAGE TOP