雑音でうるさい、音が途切れるetc、Web会議でよくある音の問題の原因と解決方法|LiveOn Cafe

Web会議とは

雑音でうるさい、音が途切れるetc、Web会議でよくある音の問題の原因と解決方法

2020/01/24
雑音でうるさい、音が途切れるetc、Web会議でよくある音の問題の原因と解決方法

コミュニケーション手段として今やビジネスの現場で欠かせないWeb会議システム、手軽で便利に使える一方で、利用環境や機器などの問題により、雑音や途切れ、ハウリングといった音のトラブルに困っていらっしゃる場合も多いのではないでしょうか。ここでは、雑音や途切れ、ハウリングといったWeb会議での音のトラブルについて、その原因や解決方法などをご紹介します。

快適なWeb会議の大敵、音のトラブルの原因と解決方法

せっかくWeb会議システムを導入したにも関わらず、なかなか活用ができない・社内で浸透しない、その要因のひとつにはWeb会議で起こりがちな音声トラブルがあります。それでは具体的に、Web会議で発生する音声トラブルとはどのようなものがあり、どのように解決できるのでしょうか。

Web会議のよくある音のトラブルとは

Web会議のよくある音のトラブルとは

Web会議でよく発生する音声のトラブルはいくつか種類があります。周囲の環境や使用している機器の問題などその原因はさまざまですが、具体的には、雑音やハウリングが発生して聞き取りにくい、途切れや遅延で会話がスムーズに進まない、といったトラブルが挙げられます。音声さえきちんと繋がっていれば多少映像が乱れても会議は進行できますので、快適でスムーズなWeb会議を行うためにはこの音声トラブルを解決・防止することが非常に重要です。

原因と解決方法

ここでは、音声トラブルの原因と具体的な解決方法をご紹介します。運用面での工夫や適切な機器・製品の選定によって、ストレスのないWeb会議を行うことができるようになります。

雑音やノイズが入りうるさい

Web会議の音声に雑音やノイズが入る原因は、Web会議を行っている環境と使用している機器に原因があることが考えられます。複数名で集まってWeb会議を行う場合に使用する収音型のマイクスピーカーの場合、人の声以外の雑音やノイズも拾ってしまいます。例えば、プロジェクターやエアコンの近くにマイクスピーカーを設置している場合には、ファンの音をマイクスピーカーが拾ってしまったり、参加者のすぐ近くに設置している場合には、資料をめくる音や咳払いなども拾ってしまったりします。ひとつひとつの雑音はささいな音であっても、各拠点からそれらの雑音やノイズが聞こえてしまうと非常にストレスになってしまいます。

<解決方法>

  • プロジェクターの近くやエアコン・換気扇などの近くにマイクスピーカーを置かないようにします。
  • ノイズキャンセラーが搭載されているマイクスピーカーを使用するようにします。
  • 会議に関係のない雑音や話し声が入らないように、自分の拠点が発言するとき以外はマイクをOFFにします。
エコーやハウリングが起こる

Web会議をしているときに、自分が話した声が「やまびこ」のように戻ってきて聞こえることがあります。これはエコー(音回り)やハウリングと呼ばれるトラブルで、他のWeb会議参加者側の環境が原因となり、スピーカーから出た音を再びマイクが拾ってしまうことによって音がループしてしまう現象です。エコーキャンセラと呼ばれるエコーを抑える機能が搭載されていない機器を使っている場合や、パソコン内蔵のマイクとスピーカーをそのまま使っている場合などによく発生するトラブルです。

エコーキャンセラ機能とは?快適なWeb会議には不可欠な機能の紹介

<解決方法>

  • エコーキャンセラ搭載のWeb会議専用のマイクスピーカーを利用するようにします。
  • マイクスピーカーがない場合は、使用しているWeb会議システムにエコーキャンセラの機能があればそれをONにします。
  • 他参加者のスピーカーボリュームが大きすぎる可能性があるので、音量を下げてもらいます。
音声の途切れや遅延が発生する

Web会議の音声に途切れや遅延が発生する原因は、ネットワークに原因がある場合がほとんどです。Web会議システムはインターネット回線を用いて接続するため、接続しているインターネット回線の速度が遅い場合やWeb会議で使用するデータ量が大きくなってしまった場合には、音声の途切れや遅延が発生することがあります。

<解決方法>

  • 映像の設定値を少し落とし、全体のデータ量を少なくします。
  • 無線LANやWi-fiで接続している場合は、有線LANに切り替えます。
  • 推奨環境のスペックを満たすパソコンを使用します。
  • パソコン上で他のアプリケーションが起動している場合は、一旦それらを終了してください。
  • 無料のWeb会議システムを使っている場合は、有料の製品へ切り替えると品質が向上します。

音のトラブルを回避できるWeb会議システムの選定ポイント

ここまでご紹介した通り、Web会議システムの音声トラブルは適切なマイクスピーカーを使うことや利用環境の改善などで回避できることも多いですが、音声トラブルの不安を解消し安心してWeb会議システムを利用するためには、Web会議システムの製品品質自体も非常に重要です。

品質の安定性の高い、有料のWeb会議システムがおすすめ

活用シーン③:イベントの記録として

無料のWeb会議システムの場合、1対1での接続を前提としている場合が多いので、複数拠点を接続するようなシーンでは、音声の途切れや遅延が目立ってしまうことも少なくありません。音声品質が担保されていなかったり、トラブルがあった際のサポートが受けられなかったり、ビジネスシーンで安心して利用するには不安が残ります。

有料のWeb会議システムであれば、ビジネスでの利用を想定して開発されているため品質の安定性が高く、データ量を圧縮するなどして音声品質を担保する仕組みがある場合がほとんどです。複数の拠点を接続しての会議や、取引先との会議など、重要なシーンで利用することが多いビジネスでのWeb会議利用においては、安定した音声品質を実現できるWeb会議システムを選定することが重要といえます。

ストレスフリーなWeb会議システムなら、完全自社開発のLiveOn!

ストレスフリーなWeb会議システムなら、完全自社開発のLiveOn!

ここでご紹介するWeb会議システム「LiveOn」では、独自技術である自動帯域制御機能とジッタバッファ制御機能を採用しています。また、推奨機器の自動認識機能や遠隔設定変更機能なども搭載しており、音声トラブルが起こりにくいよう配慮されており、音声トラブルに悩まされることなくストレスフリーにWeb会議を行っていただけます。

独自技術で音声の途切れや遅延を回避!

LiveOnは完全自社開発製品であり、音声遅延と音切れを防ぐ高度な独自技術を採用しています。これにより、通信環境が芳しくない海外拠点や負荷がかかる多拠点での接続時でも、音声の途切れや遅延を回避し、ストレスのないクリアな音声を実現しています。また、LiveOnの音質はCD品質に近い32KHzです。一般的なWeb会議システムが電話レベルの8KHzから11KHzであることと比較するとトップクラスの品質を誇っています。

音声品質が導入の決め手に!導入事例のご紹介

LiveOnの音声品質の高さや安定性が決め手となった実際の導入事例をご紹介します。

名古屋トヨペット株式会社様

名古屋トヨペット株式会社様

100拠点を同時表示し、会議や朝礼で活用!
導入にあたり最大の課題となっていたことは「接続する100拠点の映像を同時に表示できるか」「多拠点接続でも品質が安定しているか」ということでした。LiveOnでは課題となっていた100拠点同時表示が実現でき、多拠点を接続しても音声の途切れや遅延がないという品質の安定性もテスト環境での検証で確認できたことからLiveOnを選定しました。

株式会社日本触媒様

株式会社日本触媒様

国内・海外拠点との打ち合わせに活用!
Web会議システムの検討は様々な製品と比較、検証を行い、「LiveOn」を選定したポイントは以下の通りです。
 ①種々の拠点と会議した際に、品質が一番安定していた。
 ②他の製品に比べると音質がクリアだった。
 ③ランニング費用が安かった。
今後は、海外の取引先との利用頻度を更に増やしていきたいと考えています。

「雑音でうるさい、音が途切れるetc、Web会議でよくある音の問題の原因と解決方法」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

Web会議システム LiveOn(ライブオン)は、クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現をします。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。

すべての機能を14日間無料でお使いいただけます。

14日間無料トライアルのお申込はこちら

ご相談やお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

PAGE TOP