YAMAHA PJP-50USB カスケード(連結)接続方法|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

よくあるご質問

YAMAHA PJP-50USB カスケード(連結)接続方法

  • PJP50USBは最大4台までカスケード(連結)接続が可能です。
  • カスケード(連結)接続するには、PJP50USB本体のファームが「Ver2.04」である事が条件です。
    PJP-50USBの連結対応したファームウェアはこちら(YAMAHAサイト)
  • カスケード(連結)接続するには、台数分の「3.5ピン⇔3.5ピンのステレオミニケーブル(抵抗無し)」が必要です。

【PJP50USB本体の設定】

  • 「メニュー」→「パラメータ設定」→「動作モード」を選択し、「連結」を選択します。
    PCとUSB接続されたPJP-50USBが親機に設定されます。親機に接続されたPJP-50USB が子機と自動で設定されます。

【接続方法】

  • 市販の3.5ピン⇔3.5ピン ステレオミニケーブル(抵抗無し)を使用して、下図のように1台はPCのUSBと接続します。
    その他の各PJP-50USBは、AUDIO OUT 端子とAUDIO IN 端子を接続します。

    2台連結の場合

    4台連結の場合


【注意点】

  • 連結接続されたPJP-50USBでは、親機でのみ音量ボリュームの調整・マイクミュートの操作を行うことができます。音量レベルは自動で連結接続用の値が適用されます。
  • PCとUSB接続するPJP-50USB は1台のみにしてください。複数台接続すると正常に動作しません。

| YAMAHA マイクスピーカPJPシリーズをご利用中の方に戻る |

YAMAHA PJP-50USB カスケード(連結)接続方法についての質問と回答ページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。