PowerPoint 2013がインストールされているパソコンで、PowerPointファイルを共有しようとすると「HTML変換に失敗しました。」と表示され共有できない。|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > ご利用中のお客様 > よくあるご質問 > トラブルシューティング > PowerPoint 2013がインストールされているパソコンで、PowerPointファイルを共有しようとすると「HTML変換に失敗しました。」と表示され共有できない。

よくあるご質問

資料共有機能について

PowerPoint 2013がインストールされているパソコンで、PowerPointファイルを共有しようとすると「HTML変換に失敗しました。」と表示され共有できない。

PowerPoint 2013では、従来のWEB形式で保存(html等)する機能が無くなったため、資料共有の「HTMLに変換する。」でPowerPointファイルを共有しようとすると「HTML変換に失敗しました。」と表示され共有できません。

HTML変換の解決策として下記になります。

  • PowerPoint 2010以下がインストールされているパソコンを使用する。
  • PowerPointファイルを画像ファイル(jpg・gifファイル)として保存する。
    (この場合、1ページ毎の保存になります。)
  • PowerPoint 2007以下で、Webページとして保存してそのファイルを共有する。

| トラブルシューティングTOPに戻る |

PowerPoint 2013がインストールされているパソコンで、PowerPointファイルを共有しようとすると「HTML変換に失敗しました。」と表示され共有できない場合の質問と回答ページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。