コール機能 - 会議ツール|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

機能一覧

コール機能

コールセンター、サポートセンターなどでの問い合わせ業務や企業の受付窓口などでの呼び出しを可能にする機能です。

Webページに専用URLを組み込むことで、ユーザーIDを持たない相手からの問い合わせ対応や取引先との商談にもご利用いただけます。

コール機能

●受付時間・休日設定:
カテゴリーごとに、着信時間・受付時間や曜日、休日の設定などを行うことができます。
●着信予約設定:
オペレーターが空いていない場合などに、予約を入れてオペレーターが空くまで待機することが可能となる設定です。
●着信タイムアウト秒数設定:
着信時の呼び出し時間の上限秒数を設定できます。
●保留・転送・複数拠点間通話:
会話を保留したり、他オペレーターへ転送したりすることができます。また、複数拠点間での通話も可能です。

ご利用シーン

相談窓口やサポートセンターでは、専門知識や経験豊富なスタッフによる質の高い対応が求められます。 しかし、地方拠点では有資格者や専門知識を持ったスタッフがいない場合や、スタッフ間でも知識や経験に幅があり均質なサービスを提供できない、といった課題があります。

LiveOnコール機能を使用すれば、画面のメニューボタンひとつで簡単にオペレーターを呼び出すことができ、対面で専門スタッフから説明を受けることができます。お互いの顔が見える状態でコミュニケーションが取れるため電話よりも安心感があり、かつ資料を提示したり対応状況を録音録画して動画データとして記録したりしておくことも可能です。

■遠隔相談窓口

遠隔相談窓口

近年、金融機関での相続相談や、特許に関する相談など、専門知識が必要とされる業務のニーズが高まっています。
コール機能での遠隔相談を取り入れることで、人材の不足や業務負荷などの課題を解決することができます。

有資格者や知識の豊富な専門スタッフからの説明を受けられることにより、顧客対応の向上に繋がります。
また、本部で一括して対応ができるため、これまでのようにスタッフがお客様先を訪問したり、支店に出向いて対応したりする必要がなくなり、スタッフの負荷軽減と業務効率化も実現できます。

■Webページからのお問い合わせ対応

Webページからのお問い合わせ対応

自社の製品HPに問い合わせページにコール機能のURLを埋め込むことで、一般のお客様からの製品に対する問い合わせや操作などの質問にFace to Faceで対応することができます。

その場ですぐに専門スタッフから回答ができるため、電話やメールでの問い合わせに比べてレスポンスの良い対応ができ、顧客満足度の向上に繋がります。

ASP版
Windows:○オプション  iOS/Android:○オプション(カスタマーとして入室のみ)
イントラパック版
Windows:○オプション  iOS/Android:○オプション(カスタマーとして入室のみ)

会議ツール一覧

| 機能一覧TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の機能、コール機能についてのページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。