「LiveOn(ライブオン)Ver14.0」をリリースいたしました|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 新着情報 > 2017年新着情報一覧 > 「LiveOn(ライブオン)Ver14.0」をリリースいたしました

新着情報

2017/06/22 お知らせ

「LiveOn(ライブオン)Ver14.0」をリリースいたしました

平素はWeb会議システムLiveOnをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
この度、LiveOnのバージョンアップを行いましたのでお知らせ致します。

今回のバージョンアップでは、一つの会議室で表示可能な映像数を最大20人から最大150人に大幅に拡張しました。さらに、LiveOnの会議室の参加者が他社製ハード型テレビ会議端末の呼び出しを可能にするなど、従来の機能の改良も行っております。

なお、既存のLiveOn(Ver.13.0)をご利用の皆様には、無償にて新バージョン(Ver.14.0)へバージョンアップを行います。
※オプション機能の追加につきましては有償となります。

製品名 LiveOn Ver.14.0 日本語版、英語版、中国語版
リリース日 2017年6月22日 木曜日
アップデート方法

2017年6月22日(木) 午前6時以降、以下のいずれかの方法でアップデートが可能となります。

  1. すでにLiveOnをご利用いただいているPCでログインして会議室に入室していただきますと、自動的にアップデートが行われます。
  2. 新たにLiveOnをご利用いただくPCでLiveOnサイトからLiveOn ASP用クライアントプログラムのインストーラをダウンロードし、インストールを行っていただきますと、アップデートが行われます。
    http://www.liveon.ne.jp/product/download.html

※既にLiveOn Ver.13.0をお使いのお客様は、ユーザーIDおよびパスワードをそのままお使いいただけます。再度新規登録を行う必要はございません。

主なバージョンアップ内容

  1. 大型会議室の追加

    最大20人まで参加可能であった従来の会議室に加え、30人から最大150人まで同時に参加可能な大型会議室を追加しました。
    これまでは一つの会議室内で表示できる映像数が最大20画面でしたが、大型会議室では最大150画面まで映像を表示することが可能となります。
    大型会議室では、最大5人まで同時に発言することが可能です。

  2. ハード型テレビ会議連携の改良

    従来のハード型テレビ会議連携機能から以下の点を改良いたしました。

    • LiveOnの会議室に入室している参加者から、他社製のハード型テレビ会議端末の呼び出しが可能になりました。
    • ハード型テレビ会議端末で、相手映像を4人まで表示することが可能になりました。
    • ハード型テレビ会議端末の音質が改善されました。
    • ハード型テレビ会議端末で多人数モード会議室へ入室可能になりました。
      ※多人数モード会議室ではASP版ではオプション機能です。
  3. 音声デバイス操作連携機能の追加

    一部のヤマハ製マイクデバイスとLiveOnのマイクON/OFFを連動することができるようになりました。

    ※対応する機種は以下の通りです。
    対応するファームウェア及びOSのバージョンはヤマハ社のWebサイトをご参照ください。

    YVC-1000 Version 2.10以降(Windows用)

    YVC-300 Version 1.09以降(Windows用)

  4. エコーキャンセラ初期設定変更

    新たにLiveOnをご利用になるPCで、ヤマハ製マイクデバイス以外を接続している場合は、エコーキャンセラの初期設定がONに変更されました。
    これにより、新たにLiveOnをご利用になる際の音声設定がより簡単に行えるようになりました。
    ※既にLiveOnをご利用いただいているPCでは変更はございません。

  5. アプリケーション共有機能の改良

    アプリケーション共有を行っている議長やデスクトップ共有を要求された参加者の画面で、共有しているアプリケーションやデスクトップの範囲をわかりやすく色つきの枠で表示することができるようになりました。
    ※アプリケーション共有機能はオプション機能です。

  6. アンケート機能の改良

    スマートフォン・タブレットでもアンケート機能が利用可能になります。
    ※スマートフォン・タブレットのLiveOnアプリは、バージョンアップ後リリース予定です。

  7. AdminTool機能の改良

    AdminToolからもPaperlessキーが発行できるようになりました。
    ※AdminTool機能はオプション機能です。

動作環境の変更

  1. 対応OSの変更

    マイクロソフト社の製品サポートの終了に伴い、バージョンアップ後の対応OSを以下の通りとさせていただきます。

    • Windows 7 SP1以降
    • Windows 8.1
    • Windows 10
  2. WindowsXPでのご利用について

    WindowsXPはLiveOn Ver.12.0で対応を終了した後も使用することができておりましたが、Ver.14.0がご利用可能な最後のバージョンとなります。
    その次のバージョン(Ver.15)ではご利用いただくことができなくなります。
    あらかじめご了承ください。



ご不明な点がございましたら弊社まで、お問い合わせください。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

前へ  |  2017年新着情報一覧に戻る  |  次へ