プロキシサーバー(Proxyサーバー)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 用語集 > プロキシサーバー(Proxyサーバー)

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「プロキシサーバー(Proxyサーバー)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

プロキシサーバー(Proxyサーバー) とは

読み:ぷろきしさーばー

プロキシサーバー(Proxyサーバー)とは、代理サーバーとも言い、企業などのLAN(ローカルエリアネットーワーク)から内部ネットワークとインターネットの境界にあり、直接インターネットに接続できない内部のコンピュータに代わって、代理としてインターネットとの接続を行うサーバーのこと。

プロキシサーバー(Proxyサーバー)の働き

まず、ユーザーがプロキシサーバーを利用しない場合は、ユーザーのコンピュータは目的のWebサイトのデータが置いてあるWebサーバに直接アクセスし、Webページを取ってきます。

プロキシサーバーを経由しない場合

一方、ユーザーがプロキシサーバを利用すると、ユーザーの代わりにプロキシサーバがWebサーバーにアクセスし、目的のWebページを取ってきてくれます。ちょうど、ユーザーとWebサーバの間にプロキシサーバが入って中継しているような形になります。

プロキシサーバーを経由する場合

プロキシサーバー(Proxyサーバー)の機能

プロキシサーバーには主に以下のような機能があります。

キャッシング:
コンテンツ取得の高速化、サーバ負荷の軽減、トラフィックの軽減
フィルタリング:
コンテンツのデータ加工
通信経路変更:
通信の高速化、自宅サーバの動作確認
匿名性確保:
プライバシーの保護、セキュリティの強化、アクセス制限の回避

プロキシサーバー(Proxyサーバー)設置のメリット

プロキシにはプロトコルやアプリケーションの違いにより様々な種類がありますが、一般的に単にプロキシと言った場合はWeb閲覧のためにHTTPによる接続を中継する「HTTPプロキシ」(Webプロキシ)を指します。

HTTPプロキシの場合、通信の中継だけでなく、このサーバー上にキャッシュとして一定時間残し、再度取得要求があった場合、そのキャッシュしたファイルを渡すキャッシュ機能を実装しています。プロキシがユーザからコンテンツのリクエストを受けたとき、そのコンテンツがすでにキャッシュされている場合、わざわざ遠くにある本来のサーバに同じコンテンツを取りに行くことなく自分自身にキャッシュされているデータをユーザに送り返すので、ユーザはコンテンツを素早く取得することが可能となります。

また、その場合プロキシは本来のサーバにアクセスしなくて済むため、そのサーバに掛かる負荷を軽減することができます。

このようにプロキシをキャッシュサーバとして利用することによって、遠くのサーバに何度もアクセスしなくて済むため、結果的にネットワークのトラフィック(回線使用量)を軽減できます。

それ以外にも、プロキシサーバーは社内からのアクセスを代行するので、グローバルIPアドレスを節約することができます。外部からの不正侵入を防ぐために、社外から社内へのアクセスを禁止する機能も備えています。

業務と関係のない不適切なWebサイトへのアクセスを禁止する設定も可能です。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「プロキシサーバー(Proxyサーバー)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。