プロトコル(Protocol)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「プロトコル(Protocol)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

プロトコル(Protocol) とは

読み:ぷろとこる

プロトコル(Protocol)とは、ネットワークを介してコンピュータ同士が通信を行なう上で、複数の主体が滞りなく信号やデータ、情報を相互に伝送できるように、手順や伝送路、伝達方法、データ構成や表現方法など、相互に決められた約束事の集合のこと。

プロトコル(Protocol)は通信手順、通信規約などと呼ばれることもあります。コンピュータ内部で回路や装置の間で信号を送受信する際や、通信回線やネットワークを介してコンピュータや通信機器がデータを送受信する際に、それぞれの分野で定められたプロトコルを用いて通信を行います。英語しか使えない人と日本語しか使えない人では会話ができないように、コンピュータ間をただLANケーブルなどで物理的に接続しただけでは、対応しているプロトコルが異なるため相互に通信することができません。

コンピューター間の通信

人と人とのコミュニケーション

プロトコルの階層化

人間同士が意思疎通を行なう場合に、どの言語を使うか(日本語か英語か)、どんな媒体(手段)を使って伝達するか(電話か手紙か)、というように2つの階層に分けて考えることができますが、コンピュータ通信においても役割の異なる複数のプロトコルを複数の階層に分けて考えています。

現在インターネットで標準となっているIPは第3層(ネットワーク層)、TCP/IPやUDP/IPは第4層(トランスポート層)のプロトコルであり、HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)やFTP(File Transfer Protocol)、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)、POP(Post Office Protocol)などは第5層(セッション層)以上のプロトコルです。このように、通信に必要な複数のプロトコルを、階層構造で構成するプロトコル群のことをプロトコルスタックと呼びます。

階層化することによって、上位のプロトコル(を実装したソフトウェア)は自分のすぐ下のプロトコルの使い方(インターフェース)さえ知っていれば、それより下で何が起きているかを気にせずに通信を行うことができます。電話機の操作法さえ知っていれば、地中の通信ケーブルや通信会社の施設で何が起きているか知らなくても通話できるのと同じです。

関連用語

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「プロトコル(Protocol)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。