インターネットVPN|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「インターネットVPN」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

インターネットVPN とは

読み:いんたーねっと ぶいぴーえぬ

インターネットVPNとは、通信事業者が提供する通信回線やインターネットを経由してあたかも専用線であるかのように構築される仮想的なプライベートネットワーク(VPN)のこと。

インターネットVPNの仕組み

拠点が国内や海外など各地に分散している企業でイントラネットを構築するためには、それらの拠点を相互に接続する必要があります。そのようなグローバル企業がイントラネットを構築するときにVPNが必要となります。VPNが普及する以前は、拠点間接続には専用線やフレームリレーなどが用いられており、国内外に拠点を持っている企業にとっては、高額な拠点間接続の通信料金が大きな課題となっていました。

インターネットVPNでは、バックボーンに社内で利用しているインターネット回線をそのまま利用することが出来るため新たな回線を引く必要がなく、ネットワークの初期導入コストや運用コストを低く抑えることができる点が一番のメリットです。

インターネットVPNの仕組み

インターネットは誰でも自由に利用できるため、流れるデータはそのままでは盗聴されてしまう恐れがあり、セキュリティ面のリスクは高くなると考えられます。そのため、セキュリティ対策としてインターネットVPNではIPsecやPPTP、SoftEtherなどのプロトコルを利用するのが通常です。これにより、インターネットを介した複数拠点間で暗号化データをカプセリングして通信を行い、通信データの盗聴などを防ぐことが可能です。

送信側で通信内容を暗号化して送り出し、受信者側で暗号を解除して解読することでセキュリティを確保し、機密性の高いデータを通信できるようにしています。暗号化された「VPNトンネル」の中をデータが行き交うような状態で、第三者がデータを盗聴したり改ざんすることはありません。

インターネットVPNのメリット

インターネットVPNでは、不特定多数が利用できるネットワークである「インターネット網」を利用して、VPNを構築します。
インターネットVPNを経由することによって、機密を保持したまま、遠隔地のネットワーク同士をまるで直接接続されたプライベートネットワークと同じように運用することができます。

インターネットVPNを使用するためには、インターネットへ接続するアクセス回線と、VPN対応ルータなどの機器が各拠点で必要となります。しかし、インターネットVPNでは広く一般に利用されるインターネット接続網を使うため、回線を維持するための費用が非常に低く、専用線などと比べても非常に低コストで運用することができます。そのため近年ではインターネットVPNを導入する企業が非常に増えています。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「インターネットVPN」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。