ファイアーウォール(FireWall)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 用語集 > ファイアーウォール(FireWall)

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「ファイアーウォール」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

ファイアーウォール(FireWall) とは

読み:ふぁいあーうぉーる

ファイアーウォール(FireWall) とは、インターネットなどの外部ネットワークを通じて第三者が侵入し、データやプログラムの盗み見・改ざん・破壊などの実行を阻止するため、内部と外部の境界を流れるデータを監視し、不正なアクセスを検出・遮断して外部の攻撃から内部をするためのソフトウェアや機器、システム、またはそのシステムが組みこまれた端末のこと。

外部から内部のコンピュータネットワークへ侵入しようとするクラッキング行為を火事にたとえ、火災時に火の手を防ぐ「防火壁」にちなんで「ファイアーウォール(FireWall)・ファイヤーウォール」と名づけられています。

一般的な構成では、ファイアウォール(FireWall)に内部ネットワークの回線と外部ネットワークの回線を両方つなぎ、内部と外部の通信が必ずファイアウォール(FireWall)を通過するようにして、ファイアウォール(FireWall)が一定の基準に従って不正と判断した通信を遮断します。

ファイアウォール(FireWall)にはサーバコンピュータ上でソフトウェアとして動作するものと、専用の通信機器として提供されるものがあります。コストや導入の容易さを重視する場合は前者を、規模や性能が必要な場合は後者を用いることが一般的です。

ファイアウォール:パケットフィルタ方式

ファイアーウォール(FireWall) の方式

ファイアーウォールのフィルタリング(通過させるかどうか判断する)の方式は以下の2種類があります。

■パケットフィルタ方式:
ヘッダ(パケットの先頭にある、パケットの状態を記録している部分)を解析して、通過させるかどうか判断する
■アプリケーションレベルゲートウェイ:
プロキシサーバ経由で接続を行い、サービス毎に認証を行う

パケットフィルタ方式の場合、パケットごとにフィルタリングルールを設定できるので、強力で柔軟性のある制御ができる反面、設定が難しく、セキュリティホール(設定ミスによる抜け穴)が生まれる可能性が高いという欠点があります。

一方アプリケーションレベルゲートウェイシステムの場合は、設定が比較的簡単にできる反面、サービスごとにしか設定できないので、細かい制御設定が難しいという短所があります。

近年はこの2つのシステムを、場合に応じて組み合わられるよう設計されていたり、付加機能を持たせたりすることでそれぞれの欠点をサポートできるような仕組みになっているファイアーウォール製品が発表されています。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「ファイアーウォール」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。