ベストエフォートサービス|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 用語集 > ベストエフォートサービス

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「ベストエフォートサービス」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

ベストエフォートサービス とは

読み:べすとえふぉーとさーびす

ベストエフォートとは、「最大限努力する」という意味の英語であり、通信やネットワークの世界では、その場の状態によって提供される性能や品質が変化するタイプの技術やサービスのこと。

性能に関して明示的な保証をせずに、最大限(ベスト)の努力(エフォート)サービスを提供するという形態のことです。

一般にネットワークの実行速度について使用されることが多く、ユーザーが利用できる通信速度の最高値は決められているが、必ずしもその値を保障出来るわけではないインターネット接続サービスがその例です。

ネットワークは、同時に接続している人の数によって実効速度が変わります。 速度の保証やコントロールを行わないため、同時に利用している人が少ないときは、規格上の上限値に近い速度で通信できることもありますが、混雑してくると、それぞれの通信速度は下がってしまうことがあります。このような理由で、「必ず○Mbpsの速度を保証します」とユーザーに対して約束することはできません。

どんなときでも全員が最大速度で通信できるネットワークが理想ですが、コストが非常に掛かるため、ネットワークを運営する事業者は、ある程度の混雑には対応できるよう努力するものの、品質保証はしない形でサービス提供を行っています。 これがベストエフォートサービスと呼ばれるサービスです。

ベストエフォート型に対し、最初から一定の品質を保証するサービスのことを「ギャランティ型」といいます。代表的な例としては、企業が本社と支社の間の通信に用いる「専用線」があります。わずかな回線中断や速度低下が多大な損失につながる企業向けに提供されています。専用線ではネットワークの混雑による速度の低下は起こりませんが、専用の期間回路などの設備や人員を必要とするため一般的にギャランティ型はベストエフォート型に比べて非常にコストが掛かります。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「ベストエフォートサービス」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。