SSL(Secure Socket Layer)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「SSL(Secure Socket Layer)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

SSL(Secure Socket Layer) とは

読み:えすえすえる

SSL とは、Secure Socket Layerの略でNetscape Communications社が開発した、インターネットなどのTCP/IPネットワークでデータ情報を暗号化して送受信するプロトコルのこと。

SSL 3.0の次のバージョンから名称が「TLS」(Transport Layer Security)に変更されたため、現在広く利用されているのは正確にはTLSの方ですが、SSLという名称が既に広く定着していたため、実際にはTLSを指していてもSSLと表記したり、「SSL/TLS」「TLS/SSL」などと両者を併記したりすることが多くあります。

SSL暗号化通信の流れ

ブラウザとウェブサーバとの通信をSSLで暗号化することで、個人情報やクレジットカード情報といった第三者に知られてはいけない機密性の高いデータの盗聴を防ぎ、データを安全に送受信できます。

SSL暗号化通信の流れは、クライアント側が共通鍵を使って暗号化したデータをサーバ側に送り、サーバ側は事前にクライアント側から送られた共通鍵を使ってデータを復号します。

現在インターネットで広く使われているWWWやFTPなどのデータを暗号化し、Webサイトでプライバシーに関わる個人情報やクレジットカード番号、企業秘密などを安全に送受信することができる手段として広く普及しています。SSLは公開鍵証明書による通信相手の認証(一般的にはサーバの認証)と、共通鍵暗号(秘密鍵暗号)による通信の暗号化、ハッシュ関数による改竄検知などのセキュリティ技術を組み合わせ、データの盗聴や改ざん、なりすましを防ぐことができます。

Webブラウザによる通常のインターネット通信(http://~)では暗号化されずにデータが送受信されます。しかし、個人情報やクレジットカード情報といった機密性の高い情報を問い合せフォームなどを入力するページではセキュアなインターネット通信が必須となってきており、ブラウザに表示されるURLが「https://~」となっていることでそれが実装されているかが確認できます。

LiveOnでは、事実上の世界標準としてナンバーワンの発行実績を持つSSLサーバ証明書の発行機関であるシマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧日本ベリサイン)のSSLサーバ証明書を利用しています。
そのため、セキュリティ面でも安心してご利用いただくことができます。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「SSL(Secure Socket Layer)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。