SaaS(Software as a Service/サース)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 用語集 > SaaS(Software as a Service/サース)

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「SaaS(Software as a Service/サース)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

SaaS(Software as a Service/サース) とは

読み:さーす

SaaS(Software as a Service/サース)とは、ソフトウェアの機能のうち、ユーザが必要とするものだけを通信ネットワークなどを通じてサービスとして提供し利用できるようにしたソフトウェアの配布形態のこと。サービス型ソフトウェアとも呼ばれる。

SaaSは通信費用の低下やWebサービスの機能向上といった利用環境の向上によって実現したサービスです。
通常のソフトウェアは、あらゆるユーザーにとって必要な機能をすべてまとめ、すべてのユーザーに同じ機能を提供するようになっています。このようなソフトウェアは、ある一人のユーザーにとっては、あまり必要のない機能が多く搭載された冗長なものとなってしまい、必要のない機能に対しても料金を支払っていることになります。そこで、個々のユーザーが本当に必要な機能のみをオンデマンドに利用でき、その機能に対してのみ支払いをするSaaSという考え方が登場しました。SaaSという用語は、ネットワークを介してソフトウェアをオンラインで利用するという点でASPサービスと似ており、一般的なASPサービスを指す場合もあります。

SaaS(Software as a Service/サース)のメリット

SaaS型のサービスでは、ユーザーは必要な機能のみを必要なときに利用でき、利用する機能に応じた分だけの料金を支払います。オンプレミス型ソフトウェアのようにライセンスの購入費用やメンテナンス費用は発生しません。必要な機能をユーザがダウンロードし、自身の端末にインストールする形態のものと、サーバ上で動作するソフトウェアの機能をネットワークを介してオンラインで利用する形態があります。近年では後者の形態が多くなっています。パッケージ化されていない状態で、機能単位で提供されるため、用途ごとに必要最小限のサービスを利用することができます。

また、SaaSはユーザーごとに別のサーバーを用意するのではなく、ひとつのハードウェアで複数のユーザーに対応することができます。その上でユーザーごとに個別の設定を行うことが可能です。

このように、ソフトウェアへの先行投資を大幅に抑えながら、より短期間でアプリケーションを稼働させられるというメリットがあります。

さらにソフトウェアはブラウザベースでアクセスするため、さまざまな種類のデバイスから利用することも可能です。メンテナンスやアップグレードも必要ないため、ソフトウェアサポート作業の多くが簡略化できるという運用面でのメリットもあります。

LiveOnも利用形態によってオプション機能を追加・選択できるようになっており、SaaS型のサービスとなっています。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「SaaS(Software as a Service/サース)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。