QoS(Quality of Service)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「QoS(Quality of Service)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

QoS(Quality of Service) とは

読み:きゅーおーえす

QoS(Quality of Service)とは、ネットワーク上で、ある特定の通信のための帯域を予約し、一定の通信速度を保証する技術のこと。

ネットワークを流れるデータには用途やシステムの種類によって様々な特性があり、求められる品質も異なります。例えば、通話のための音声データは常に一定の帯域幅を必要とし、リアルタイム性が求められるため遅延が許されません。また、IP電話やTV会議システム、基幹業務システムのようなリアルタイム性が要求されるアプリケーションを利用する場合には、重要な通信を優先的に配信したり、必要な帯域を確保する必要があります。

2つのユーザー間で一定時間回線を占有できるネットワークと違い、インターネットのようなネットワークは大人数で回線を共有するために、データを細かく分割して送るパケット交換方式がとられています。回線にデータが集中して伝送が遅れがちになっても、データを受け取った側では最終的には回復できるからです。しかし音声や動画をネットワークでやり取りしようとすると、伝送の遅れは会話の途切れや動画のコマ落ちなどユーザーにはっきり分かる形で表れるため、品質の低下に直結します。動画や音声だけでなく企業の基幹システムでも、遅延は業務の停滞を招きます。そこでそうしたデータに限っては"特別扱い"し、他のデータの混雑に巻き込まれないようにするのがQoSの目的です。ネットワーク機器にQoSを実装することで、ある特定の通信を優先して伝送させたり、帯域幅を確保することができます。

ネットワーク上ではトラフィックが急増しており、帯域の確保だけではなく、帯域の抑制面でも注目を集めています。そんな状況下で、必須の機能となるのがQoS(Quality of Service)です。IPネットワークの用途が広がるにつれて、QoSへのニーズは益々高まっており、QoS機能は帯域幅の効率的な利用を要求されるルータには不可欠な機能となっています。

QoS(Quality of Service)の手法 「帯域制御」と「優先制御」

QoS(Quality of Service)には大きく分けて以下の「帯域制御」と「優先制御」の2つの手法があります。

帯域制御:
ネットワークの混雑による遅延を防ぐために、音声や動画などのデータを送るための帯域をあらかじめ確保しておくものです。
ルーターはこれらのデータが流れてきた場合は用意した帯域に誘導し、ネットワークに流れるデータが多く渋滞が発生していても、その影響を受けずに伝送できるようにします。
優先制御:
すべてのデータは同じネットワークを通りますが、音声や動画などのデータに対しては後から来ても優先的に通させるものです。
前もって決められたデータ別の優先順位に従い、優先度の高いデータを先に通すように誘導します。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「QoS(Quality of Service)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。