PostgreSQL(ポスグレ)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「PostgreSQL(ポスグレ)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

PostgreSQL(ポスグレ) とは

読み:ぽすとぐれすきゅーえる(ぽすぐれ)

PostgreSQL(ポスグレ)とは、PostgreSQL Global Development Groupによって開発が進められているオープンソースのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)のひとつのこと。

PostgreSQL(ポスグレ)はカリフォルニア大学バークレー校(UCB:University of California Berkeley)の研究プロジェクトにて開発されたデータベースシステム「POSTGRES」が前身となっています。

その後、1995年に同校の大学院生によりPostgres95としてリリースされ、現在の開発チームであるThe PostgreSQL Global Development Groupがこの開発を引き継いだのは1996年です。その際に、名称がPostgreSQLに改名され、ソースコードを公開し、現在でも世界中のプログラマたちにより開発されています。米国規格協会(ANSI)が承認を行っているデータベース言語「SQL」の標準仕様「SQL 92」、「SQL 99」に準拠しており、日本語を含む多言語に対応しています。また、ストアドプロシージャやテーブルのパーティショニング、データベースにおける不要領域のバキュームといった豊富な機能を備えています。

UNIXの環境で利用されることが多いとされていますが、Linux をはじめ、Windows、Mac OS Xなどの多くのプラットフォームをサポートしています(マルチプラットフォーム)。日本語や中国語、韓国語など、ASCII文字以外を扱う言語においても利用することができます。ApacheなどのWWWサーバと連携させて利用されることが多いです。Development Groupによる開発も活発であり、マルチコアをサポートするなど多様なアーキテクチャに対応しています。

近年では企業システムへのオープンソースソフトウェア活用の流れを受けて商用システムを押しのけて採用される例も増えています。トランザクションやサブクエリ、トリガなど大規模商用データベースシステムの持つ機能のほとんどを持つほか、ユーザ定義型や継承など他ではあまり見かけない機能も持ち合わせており、性能や信頼性も商用システムとほとんど変わらないと言われています。

関連用語

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「PostgreSQL(ポスグレ)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。