NAT越え(NATトラバーサル)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 用語集 > NAT越え(NATトラバーサル - NAT traversal)

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「NAT越え(NATトラバーサル - NAT traversal)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

NAT越え(NATトラバーサル - NAT traversal) とは

読み:なっとごえ(なっと とらばーさる)

NAT越え(NATトラバーサル - NAT traversal)とは、NAT機器を用いた上で、複数ホスト間のネットワーク接続を確立する際に生じる問題を解決するために設計されたアルゴリズムのこと。

NATとは、インターネットに接続された企業などで、一つのグローバルなIPアドレスとプライベートアドレスを相互に自動的に変換し、データを転送する技術のことで、NATを利用すれば少ないグローバルIPアドレスで、たくさんの端末をつないだLANを構築できます。

IPアドレス数に限りがあるIPv4を使う現状のインターネット接続では,NATは不可欠な技術となっています。

NATはグローバルIPアドレスを節約し、インターネットを利用中のLAN機器が直接インターネットに接続しているかのようにすべてのサービスを利用できる点がメリットです。

これは、Web閲覧など内部のコンピュータが外部のサーバに接続する形態が想定されており、通常、外部から内部のコンピュータにアクセスして通信を開始するような使い方はできません。外からでは社内の内線番号に直接電話できないのと同じことです。

この制約により、オンラインゲーム、通話(VoIP)ソフトやインスタントメッセンジャー、VPN、ファイル共有ソフト(P2Pソフト)などのグローバルIPアドレスを原則としてホスト間通信を行うアプリケーションがインターネット側からは相手側のNAT機器を用いたプライベートネットワークに属する端末や、ネットワークにダイレクトに到達できない、すなわちNATを通過できないといった問題があります。

この問題を解決し、これらのアプリケーションが通信できるようにする技術のことを「NAT越え」(NATトラバーサル - NAT traversal)といいます。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「NAT越え(NATトラバーサル - NAT traversal)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。