MPEG(Moving Picture Expert Group)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 用語集 > MPEG(Moving Picture Expert Group)

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「MPEG(Moving Picture Expert Group)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

MPEG(Moving Picture Expert Group) とは

読み:えむぺぐ

MPEG(Moving Picture Expert Group)とは、動画や音声の圧縮方式の一つのこと。

ISOとITU-Tとの共同標準化組織、Moving Picture Experts Groupの名称がそのまま規格名に使われています。そのグループで規定された符号化方式および符号化形式の総称を「MPEG」と呼びます。

動画像圧縮の国際標準規格で、動画像圧縮とともに、音声データの圧縮も含まれます。画像の中のあるコマとその前後のコマの情報を比較して動く部分だけの差分を計算し、保存するなどしてデータを圧縮しています。MPEG(Moving Picture Expert Group)は、差分を計算する手間が掛かる都合上、再生位置のジャンプなどに手間取りますが、重複する情報を省けるために圧縮効率に優れている特長があります。

MPEG(Moving Picture Expert Group)の規格

MPEG1からMPEG4までの各規格が定められており、MPEG1はCDに動画を記録するの圧縮技術でビデオCDなどに用いられました。

MPEG1は最初のビデオ・オーディオ圧縮基準で、その後、ビデオCD用基準として使用されました。MPEG2はデジタル放送やDVDなどの蓄積型メディアのための画像圧縮技術で、標準画質からハイビジョンまで含まれます。MPEG4は、ネットワーク配信・動画ストリーミングやモバイル用途をターゲットとしていることから圧縮率が重視されています。ストリーミング再生に対応しており、高圧縮ですが画質の劣化が少なく、CPU負荷も比較的小さいという特徴があります。MPEG2より新しく高い効率ビデオ規格が設定されており、プロファイルの単純化を進めて、ビデオ・コーディングの効率化を図っています。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「MPEG(Moving Picture Expert Group)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。