LDAP(エルダップ)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 用語集 > LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「LDAP(エルダップ)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

LDAP(Lightweight Directory Access Protocol) とは

読み:エルダップ / えるでぃーえーぴー

LDAP(Lightweight Directory Access Protocol) とは、TCP/IPネットワークで、X.500規格に準拠した大掛かりなディレクトリデータベースにアクセスするための通信プロトコルのこと。

ディレクトリサービスはネットワークの利用者に関する情報やグループ情報、ネットワークに接続された機器、資源に関する情報をデータベースで一元管理するサービスのことです。ディレクトリサービスは、ローカルに限ってサービスを提供する場合もありますが、グローバルにサービスを提供する場合もあります。

グローバルでサービスを提供する場合には、大抵分散型のディレクトリサービスが用いられ、DNS(Domain Name Syetem)が分散型のディレクトリサービスとして有名です。

DNSでは、IPアドレスを1つのキーにしてホスト名などを検索でき、また、NISの場合は、ユーザIDをキーにしてパスワードや使用シェルの情報などを検索することができます。

ディレクトリサービスは特殊なデータベースを用いるため、読み取りが高速、分散型の情報格納モデルである、高度な検索機能を持つといった、一般的なデータベースとは異なった特徴を持っています。

クライアントは、TCP389番ポート(デフォルト)を使用してLDAPサーバに接続し、属性(社内名簿であれば部署や個人名など)で構成されるエントリ(関連する属性のまとまり)の検索、追加、削除、修正といった操作を行います。LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)では、利用者がクライアントを用いてディレクトリサーバに接続し、その管理する情報を利用するための通信手順を定めています。

例えば、複数サービスのユーザーIDとパスワードを、1人のユーザーIDの属性としてまとめれば、各サービスはLDAPサーバのみを参照して認証作業ができるようになります。管理者も、一元的に情報を管理できることから、サービスそれぞれのディレクトリでユーザー情報を変更するといった手間を削減することができます。

最近ではディレクトリサービスを単純なユーザ管理だけでなく、プリンタなどのネットワーク上の共有資源の管理に応用する動きも活発になっています。

関連用語

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「LDAP(エルダップ)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。