IPアドレス(Internet Protocol address)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 用語集 > IPアドレス(Internet Protocol address)

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「IPアドレス(Internet Protocol address)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

IPアドレス(Internet Protocol address) とは

読み:あいぴーあどれす

IPアドレスとは、インターネットやイントラネットなどのIPネットワークに接続されたコンピュータや通信機器1台1台に割り振られた識別番号のこと。

インターネット上ではこの数値に重複があってはならないため、IPアドレスの割り当てなどの管理は各国のNIC(ネットワークインフォメーションセンター)が行なっています。

インターネットなどのネットワークは機器間の通信にIP(Internet Protocol)というプロトコル(通信規約)が用いられています。IPアドレスはこのIPで運用されるネットワークにおける個々の通信機器やコンピュータの住所のようなものです。

IPアドレスの定義方法

IPアドレスは、接続されているネットワークでユニークな(重複しない)番号でなければなりません。
(同じネットワーク内に同じアドレス(住所)が存在すると正常に通信が出来ない)

■IPアドレスは32bitで指定される(IPv6の場合は128bit)

※ネットワーク的に分離されていれば同じIPアドレスでも使用可能

IPアドレスの形式

IPには、IPv4とIPv6とがあり、使用するプロトコルの違いにより、IPv4のIPアドレスとIPv6のIPアドレスとがあります。現在広く普及している「IPv4」(Internet Protocol version 4)では、IPアドレスに8ビットずつ4つに区切られた32ビットの数値が使われ、「210.175.○○○.○」といったように、0から255までの10進数の数字を4つ並べて表現します。

次世代のIPv6使用されるIPアドレスは128ビットであり、単純計算で2の128乗、約340澗(かん)、約3.40×1038個のIPアドレスが利用可能になります。

IPアドレスの構成

IPアドレスは32ビットで構成されています。32ビットでひとかたまりというわけではなく、ネットワーク部とホスト部に分けることができます。
対象となる ホストがどのネットワークに所属しているのかという情報を表現しているため、このように構成されています。

IPアドレスの枯渇問題

IPv4は、組み合わせが約43億個に限られており、既に90%以上が割り振り済みで、今後のIPv4枯渇が問題となってきています。
このため、IPv4に変わるIPv6の利用が準備されています。IPv6ではIPアドレスの組み合わせが約340澗個となり、実質無限に近い数のIPアドレスが利用できます。IPv6に移行すれば当分のあいだIPアドレスが足りなくなる心配はなくなると言われています。
ただ、家庭や企業で現在最も使用されているIPアドレスはIPv4アドレスであり、IPv6アドレスの普及にはまだ時間がかかると予想されています。

IPアドレスの種類

IPアドレスは、大きく分けて「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」の2種類に分類されます。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「IPアドレス(Internet Protocol address)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。