H.323|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「H.323」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

H.323 とは

読み:えいち さんにいさん

H.323とはITU-T(国際電気通信連合の電気通信標準化部門)より勧告された、ネットワーク上で音声・動画を1対1で送受信するために音声、映像方式、データ圧縮伸長方式などを定めたプロトコルの一つのこと。

1996年に策定されてから何度かバージョンアップが繰り返されています。

H.323はその応用例が広く、VoIPからネットワーク上のテレビ会議に至るまで対応し得るような設計がなされています。ネットワークの高速化、コンピュータの高性能化などが進むにつれて実用的なプロトコルとして認知されるようになってきています。

H.323ネットワークの構成としては、IPアドレスと電話番号の変換や通信帯域幅の制御などを行うゲートキーパーを中心に、音声信号を変換してゲートキーパーへの送受信を行うゲートウェイ、音声通信を受発信するIP電話などで構成されています。このほか、電話会議・テレビ会議など多拠点に音声と動画を配信するため、各拠点へのパケット送信を管理する多地点間通信装置(MCU:Multipoint Control Unit)があります。

H.323はISDN用の規格であったH.320をEthernet対応にしており、H.323を用いたアプリケーションの代表例としては、Microsoft社が同社のWebブラウザに添付している「Microsoft NetMeeting」などがあります。また、テレビ会議システムやビデオ会議システムといったリアルタイム性の強い製品やVoIPゲートウエイ製品などにおいても使用されています。H.320 - H.323ゲートウェイを使用すれば音声・映像を変換符号化せずに相互接続を行うことができます。

なお、現在ではH.323の代替プロトコルとしてIETFで定められたTCP/IPに特化して軽量なSIP(Session Initiation Protocol)も使われています。

H.323は、音声や動画の圧縮などを規格として定めた複数の「コーデック」規格をサポートし、呼制御における手順や制御を厳格に定義しています。しかし、その一方でプロトコルの構造が複雑、他のインターネット技術との親和性が低い、拡張性が低い、プログラム開発が難しいといったデメリットも指摘されています。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「H.323」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。