e-learning(e-ラーニング)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 用語集 > e-learning(e-ラーニング)

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「e-learning(e-ラーニング)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

e-learning(e-ラーニング) とは

読み:いー・らーにんぐ

e-learning(e-ラーニング)とは、パソコンやコンピュータネットワークなどのIT技術を活用して教育を行うこと。オンライン学習、オンラインレッスンとも呼ばれることがある。また、e-learning(e-ラーニング)を実施するためのソフトウェアや情報システムのことを、e-learningシステムと呼ぶ。

e-learning(e-ラーニング)では、教室で学習を行う場合と比べて、遠隔地にも教育を提供できる点や、パソコンならではの教材(CDやDVD、デジタルテレビ、携帯端末など)が利用できる点、主に自習型の学習形態で、自分のペースで学習できる点などが特徴です。一方で、機材の操作方法など、実物に触れる体験が重要となるような学習はeラーニングには向きません。

e-learning(e-ラーニング)は企業の社内研修で学習教材として用いられているほか、英会話学校などがインターネットを通じて教育サービスを提供している例などがあります。ライブ授業といった形で、インストラクターと時間を合わせて都度質問しながら行うことのできる学習形態や、多数のユーザやインストラクターが好きな時間にアクセスして掲示板のように意見を出し合う学習形態もあります。Webブラウザなどのインターネット・WWW技術を使うものを特に「WBT」(Web Based Training)とか「Webラーニング」などと呼びます。

近年ではスマートフォン・タブレット端末が普及し、いつでも・どこからでもアクセスをして受講ができることから、学習機会を増やす手段として有効なものとなっています。

e-learning(e-ラーニング)のメリット

e-learning(e-ラーニング)を導入するメリットとしては、コスト削減メリットがあげられます。
集合研修や通信教育と比べ、e-learning(e-ラーニング)では学習内容がインターネットで配信され、場所や時間を選ばないため、資料送付や場所、交通費といった費用が必要ありません。
また、受講者にとっても自分の都合に合わせて学習が出来るというメリットがあります。

LiveOnでのe-learning(e-ラーニング)

LiveOnでも、簡単に遠隔地と接続できる利点を活かし、会議だけでなくe-learning(e-ラーニング)や研修といった用途でも幅広く利用されています。
また、e-learning(e-ラーニング)や研修でご利用いただくにあたっての便利な機能も多数搭載されています。

【e-learning(e-ラーニング)や研修に便利な各種機能】
資料共有機能:
学習用の資料をLiveOn上で全員と共有することができ、描画をしながら説明を行うことも可能です。
ホワイトボード機能:
フリーハンドでLiveOn上の全員が自由に書き込み・図形や画像の挿入などが行えます。
図示しながら説明したい場合などにとても便利です。
録音録画機能:
LiveOnでのやり取りを動画として保存しておくことができ、学習の記録や復習にも活用できます。
メディア再生機能:
LiveOn上で動画を配信することができる機能です。
アンケート機能:
受講者に対してアンケートを発行することができ、理解度や満足度などの集計を取ることができます。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「e-learning(e-ラーニング)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。