Apache(アパッチ)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「Apache(アパッチ)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

Apache(アパッチ) とは

読み:あぱっち

Apache(アパッチ)とは、世界中でもっとも多く使われているWebサーバソフトウェアの一つのこと。

ソースコードが公開されており、無料で配布されているオープンソースソフトウェアの一つであることから、「Webサーバと言えばApache」と言われるほど世界中で最も利用されているウェブサーバーソフトウェアです。大規模な商用サイトから自宅サーバまで幅広く利用されています。

Apache(アパッチ)はApacheソフトウェア財団の「Apache HTTPサーバプロジェクト」で開発が行われています。Apache Licenseの下でソースコードが公開および配布されており、代表的なオープンソースソフトウェアの一つとなっています。また、世界中のボランティアのプログラマたちの手によって長年に渡って開発が続けられています。

もともとは、かつてWebサーバの草分け的存在であり、過去に標準的に使われていたNCSA HTTPDの細かいバグを修正したり新しい機能を追加するためのパッチ(patch)集として公開されていましたが、途中から単体のWebサーバソフトとして公開されました。

Apacheソフトウェア財団では、さまざまなオープンソースのソフトウェアを無償で開発しており、オープンソースの世界では有名なTomcat、Struts、Antなどもここで開発されています。

Apache(アパッチ)は現在、UNIX系の各種OS(UNIX、Linux、BSD)やWindows、NetWireをはじめ多くのプラットフォーム向けに提供されており、世界中で運用されているWebサーバーの半数以上で採用されているといわれています。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「Apache(アパッチ)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。