AES(Advanced Encryption Standard)|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > 用語集 > AES(Advanced Encryption Standard)

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「AES(Advanced Encryption Standard)」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

AES(Advanced Encryption Standard) とは

読み:エーイーエス

AES(Advanced Encryption Standard)とは、米国商務省標準技術局(NIST)によって制定された、米国政府の次世代の共通化鍵暗号化方式のこと。

近年のコンピュータの高性能化、暗号理論の発展にしたがって、かつて標準暗号として用いられていたDES(1977年に発行)の信頼性が下がったため、NIST(米標準技術局)がAESの公募を開始しました。世界中の企業から21の次世代の暗号アルゴリズムが提案され、安全性や暗号強度、実装のしやすさなど様々な視点から審査された結果、新しい強固な方式として2000年にベルギーの暗号開発者Joan Daemen(ホァン・ダーメン)氏とVincent Rijmen(フィンセント・ライメン)氏が開発した「Rijndael」という方式が採用されました。「Rijndael」という名称は2人の名前から取られたとされています。

AES(Advanced Encryption Standard)のアルゴリズム

AESはSPN構造のブロック暗号であり、鍵長に応じて「AES-128」「AES-192」「AES-256」の3種類のバリエーションがあります。

「鍵長は128/192/256bit」、「シンプルな構造」「トリプルDESより強固で30~40年使える」などの条件を満たし、暗号や復号が高速である点が特徴です。実用化している方式の中では、極めて強度が高いとされています。鍵の長さは128ビット、192ビット、256ビットの中から選択できるようになっており、ラウンドと呼ばれる処理を繰り返しながら暗号化を行いますが、このとき鍵の長さによってラウンド数が変化します。128ビットのときは10回、192ビットのときは12回、256ビットのときは14回で、ラウンド数が多いほど安全性は高くなります。

LiveOnでの暗号化

LiveOnでは、通信データは、全て暗号化する事が可能であり、セキュリティ対策は万全です。会議室ごとに、暗号化レベルを設定できます。暗号アルゴリズムは、AES(Advanced Encryption Standard)を採用しています。

LiveOn 暗号化レベル
高:256ビット
中:192ビット
低:128ビット

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「AES(Advanced Encryption Standard)」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。