ActiveX コントロール|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

資料請求 お問合わせはこちら!

14日間無料トライアルはこちら! Web会議システムLiveOnのすべての機能を無料でお試しいただけます。

はじめてのWeb会議入門 Web会議とテレビ会議の違いは?

iPhone・iPad/Android、スマートフォン・タブレットでWeb会議

Web会議についての用語集

販売代理店募集

用語集

用語集:「ActiveX コントロール」についての説明ページです。Web会議やテレビ会議、LiveOnに関連する用語集を掲載しています。

ActiveX コントロール とは

読み:あくてぃぶえっくす こんとろーる

ActiveXコントロールとは、Microsoft社が開発した、Internet Explorer上でビデオの再生、アニメーションの表示、特定のファイル表示などの動的なコンテンツを再生するためのソフトウェアの部品化技術のこと。

ActiveX コントロールは、「アドオン」とも呼ばれる小さいプログラムで、インターネット上で使用されます。これらのアドオンにより、アニメーションなどが有効になってサイトの表現が豊かになったり、Microsoft Update のセキュリティ更新パッケージのインストールなどのタスクに対応したりします。Webページ上で音声や動画を再生するためのActiveXコントロールや、サーバとクライアントの間で対話的に情報をやりとりすることができるActiveXコントロールなど、様々なものが公開・配布されています。

一部の Web サイトでは、そのサイトを表示したり、特定のタスクを実行したりするために、ActiveX コントロールのインストールが求められます。その場合、インターネットやイントラネットからActiveXコントロールをダウンロードし、Internet Explorerに組み込んで利用します。

ActiveXコントロールはJavaScriptやHTML5/CSS3といった標準規格の普及によって2015年現在では当たり前となった、RIA(リッチインターネットアプリケーション)を実現するための技術の先駆けともいえます。

元々はMicrosoft社がオブジェクトのやりとりを行う仕組みであるObject Linking and Embedding(OLE)と呼ばれていた技術に、インターネットに対応するための拡張を施したものです。インターネットやイントラネットを通じてWebサーバからダウンロードされ、Internet Explorer上で実行する形で利用されます。Webブラウザ上で実行するという点ではJavaアプレットに近いですが、ActiveXコントロールはWindowsのネイティブコードで構成されているためJavaアプレットよりも動作が速いです。

しかし、悪意のあるホームページにアクセスした際にもActiveXコントロールをインストールさせるためのメッセージが表示されることがあります。こうした場合のActiveXコントロールは不正なプログラムである場合が多く、それを誤ってインストールしてしまうとウイルスなどの悪意あるプログラムに感染するリスクや悪用されたときの被害も甚大になるという弱点、またパソコンの処理速度低下の原因になることもあります。

| 用語集TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」の用語集:「ActiveX コントロール」のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。