グリーンITへの取り組み|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

グリーンITへの取り組み

「グリーンIT」とは、IT技術における環境への取り組みのこと。
私たちはWeb会議システムLiveOnの普及を進めることによって
自動車や航空機などのCO2排出量削減を目指しています。

地球環境に配慮したグリーンITを利用することで環境保護に大きく貢献できます。

グリーンITのWeb会議システムLiveOnは無駄な出張を省き、自動車や鉄道、航空などの利用を抑えることで移動に伴うCO2排出量を確実に削減できます。

このようなWeb会議システムなど、グリーンITの活用は企業に財務と環境保護の両面で大きな利益を生みます。CO2排出削減による地球環境へのメリットだけでなく、出張費・宿泊費などのコスト削減や社内のコミュニケーション効果、環境対策への対応による企業イメージの向上といった効果もあります。

グリーンITへの取り組み

増え続けるCO2排出量

1997年に京都議定書で設定され、日本におけるCO2などの温室効果ガス6種の削減目標は【-6%】。1990年を基準とし2008年から2012年までの期間中に削減することを求められています。

また2008年7月7日から開催された、北海道洞爺湖サミットにて、2050年までに世界全体の排出量の少なくとも50%の削減を達成するという長期目標も発表されました。

部門別 CO2 排出量の推移(1990-2012年度)

出典 :日本の温室効果ガス排出量データ(1990~2012年度確定値)国立環境研究所 温室効果ガスインベントリオフィス

Web会議でCO2排出量削減!

Web会議システムLiveOnの導入により、業務の効率化・経費削減だけでなく無駄な移動に伴うCO2の排出量は大幅に削減できます。

移動によりどれくらいのCO2を排出しているか概算表を見てみましょう。

CO2排出量概算表

出発地 目的地 移動手段 距離 時間 経費 CO2排出量
東京 仙台 自動車 約370km 約5.5時間 約17,000円 約64kg
大阪 名古屋 自動車 約170km 約2.5時間 約5,500円 約30kg
新横浜 広島 鉄道 約800km 約3.5時間 約18,000円 約15kg
東京 新潟 鉄道 約320km 約2時間 約10,000円 約6kg
羽田空港 関西国際空港 航空機 約580km 約1.2時間 約22,500円 約50kg
旭川空港 長崎空港 航空機 約2500km 約5時間 約78,000円 約215kg

私たちは、地球環境を守るためWeb会議システムの開発・促進に全力を注いでいます。Web会議システムLiveOnは全てのお客様にご満足いただけるよう常に進化し続けております。

社内経費の削減のためだけでなく地球環境を守るためにもWeb会議システムの導入をご検討ください。

LiveOnの特長 カテゴリー一覧

| LiveOnの特長 TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」のグリーンITへの取り組みについてのページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。