無料・有料のWeb会議・テレビ会議・他サービスとの比較|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン
Web会議・テレビ会議システムのLiveOn > LiveOnの特長 > 無料・有料のWeb会議・テレビ会議・他サービスとの比較

テレビ会議・他サービスとの比較

「会議システム」の選定基準について

テレビ会議・Web会議・無料のコミュニケーションツール

昨今、「会議システム」と呼ばれる製品は数多く登場しています。

テレビ会議やWeb会議、無料のコミュニケーションツールなど、様々な特徴を持つ多種多様な製品がリリースされている中、どのような基準でシステムを選定すればよいのでしょうか?

こちらではWeb会議システムLiveOnと、テレビ会議・その他有料・無料のWeb会議システムとの比較をご紹介します。

「Web会議」について

LiveOnメイン画面

Web会議とは、離れた拠点とインターネットを通じて映像・音声のやり取りや、資料の共有などを行うことができるコミュニケーションツールのことを指します。

従来のテレビ会議システムとは違い、高価な専用機器を必要とせず、インターネット環境とPCやモバイル端末(スマートフォン、タブレット端末)があれば場所を選ばず世界中どこからでも接続することができます。

> Web会議とは - はじめてのWeb会議入門

徹底比較!Web会議・テレビ会議・無料ツールの違いとは?

高品質 運用が楽 低コスト 簡単操作 機能が豊富

Web会議システムなら、会議や打合せ以外にも利用でき、誰もが手軽に簡単に使えることなど、様々なメリットがあります。費用面・性能面・運用面など総合的に考えると、ソフト型のWeb会議システムをお勧めします。

徹底比較①!Web会議 VS テレビ会議

Web会議テレビ会議

インターネット回線をつないだPCやスマートフォン・タブレットなどで運用する安価なシステムです。

簡易な機器で接続ができ、使用場所が会議室に限定されないため、会議以外でも研修やセミナー配信、社内外のイベント、BCP対策など様々な用途に利用できます。

LiveOnの特長

専用機を必要とする高価なシステムです。

利用用途は会議を想定して作られており、お互いの拠点でテレビ会議(ビデオ会議)設置場所に集まって会議を行う運用方法です。

開発元が行う有償の説明会に参加した専門の管理者が運用します。

導入に必要な作業

カメラ・マイクなどのセットアップと
インターネットに接続できる端末が
あればOK!

導入までの流れ

設置作業・工事、
運用方法などの説明会への参加(有償)

費用面

安価

価格・プラン

高価

ご利用シーン

場所も選ばず、いつでも、
どこでも利用可能

PCだけでなくスマートフォン・タブレット端末からも利用可能で、会議以外の色々な用途にも対応可能

  • 固定の専用機が不要なので、拠点やユーザが増えても拡張性に優れている
  • 会議以外にも面接や商談、サポート業務などにも利用できる

利用・活用イメージ

専用会議室での利用
利用したいときに利用できない場合あり

  • 画面が固定されている
  • 会議向け画面(画面構成のパターンも自由に変更できない)
  • 会議室に固定するため設置会議室の予約が必要
  • 拠点が増えても迅速な構築、対応が難しい
  • 会議以外での利用は少ない

操作性

だれでも簡単操作

機能が豊富なうえ、すべてがアイコン化されているため、簡単に利用することができる。
専門の管理者がいなくても運用が可能。

専門の管理者が運用

主に専用リモコンを使用し操作。運用は専門の管理者が必要。

導入時に有償の説明会を受ける必要有り。

機能面

映像、音声のほかにも、資料共有機能などの便利な機能が標準装備

機能一覧

基本的には映像・音声のみ

メンテナンス

自動アップデートで
常に新しいバージョンを利用可能

  • 月額、もしくは保守内でバージョンアップ
  • ソフトのため劣化もせず、常に新しいバージョンを利用することが可能
  • 特別な操作無しで自動アップデート

故障修理やアップデートに
時間がかかる

  • 機器が故障した際の時間がかかる
  • 専用機なので劣化、陳腐化は免れない。

(保守を結んでいない場合は、高額な費用が発生する。)

徹底比較②!LiveOn VS 他社有料Web会議 VS 無料ツール

  LiveOn 他社有料
Web会議システム
無料ツール
音質 CDに近い32KHzの高音質 ラジオ並みの音質(8~16KHz程度) ラジオ並みの音質(8~16KHz程度)
安定性 独自の圧縮技術を搭載。
多拠点接続時や回線状況の悪い海外でも途切れや遅延が圧倒的に少ない。
多拠点接続時や海外との接続時には音声の途切れや遅延が発生し、実務レベルでの利用が難しい。 基本的に1対1を想定しているため、多拠点での接続に耐えられるだけの安定性はない。1対1であっても音声の途切れや遅延が発生し、安定性に欠ける。
操作性 ログインから入室までわずか2クリック。
シンプルな画面構成と分かりやすいアイコン配置で、どなたでも簡単に利用可能。
画面構成や機能のアイコンが複雑で操作に慣れるまでに時間が掛かる。 使用するためにはソフトのインストールが必要。操作に慣れるまでに時間が掛かる。
料金体系 LiveOnの利用料は月額3,000円/IDの定額制。
安価な費用で、利用頻度や時間を気にすることなく利用可能。
従量課金や会議室単位で課金され、ランニングコストが高額になる。 無料
会議開催 会議室はいくつでも自由に作成が可能。
複数の会議を同時に開催することができ、柔軟に利用することができる。
会議室はひとつしか持つことができず、複数の会議を同時に開催することができない。 「会議室」という概念がなく、呼び出した相手としか接続ができない。
セキュリティ AES(Rijndael)によるセキュアな通信。 暗号化レベルは256ビットに対応。
さらに「独自の通信プロトコル」のため、 セキュリティが強固。
有料版なので基本的にはセキュリティ対策がしっかりと取られていることが多いが、暗号化されているのはWEBページのみの場合などもあり、メーカーによって差がある。 P2P通信なので、 接続しているクライアントから どういったファイルがいつ送られてくるか わからずセキュリティ面が脆弱。ウィルス感染や情報漏洩のリスクがある。

LiveOnの特長 カテゴリー一覧

| LiveOnの特長 TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」とWeb会議・テレビ会議・他サービスとの比較ページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。