会議を効率化する方法とは|Web会議・テレビ会議ならLiveOn(ライブオン)

資料請求・お問い合わせ
ログイン

Web会議システムで会議の効率化

日常業務において、会議や打ち合わせに多くの時間を費やしています。
会議を効率化することは業務全体の生産性向上に繋がることから、無駄の少ない効率的な会議を行うことは企業にとって必須であるともいえます。ここでは会議を効率化する方法をご紹介します。

会議を効率化する方法とは?

会議効率化イメージ

ビジネスの現場において、組織や部署を越えたチームで業務を進める機会が増えています。そのように立場や役割の違う複数のメンバーで業務を進めていく上で欠かせないものが「会議」です。

現状の課題や今後の施策などを共有し、それぞれの意見をすり合わせて意思決定をするためには会議はとても重要な場だといえます。しかし、必ずしも効率的かつ生産性の高い会議が行われているわけではありません。

業務において一定割合を占める会議を効率化できれば、その分時間が生まれそれを本来の業務や顧客対応のために使うことができます。そのため、いかに会議を効率化できるか、ということは企業内においても大きな課題となっています。

「対面」の会議が当たり前ではなくなりつつある

近年、インターネット環境やモバイル端末の普及に伴い、ビジネスの現場においてもコミュニケーションツールは多様化しています。

従来のコミュニケーション手段は「対面」が主流であり、直接会って話すことを重んじる風潮がありました。
しかし、グローバル化や市場ニーズの多様化に伴い、目まぐるしく変化するビジネス環境の変化に対応していくためには、情報共有・意思決定のスピードアップが求められます。

そのため、従来のような対面での意思疎通よりも、いかに効率的に素早く情報を共有できるか、という点が重要視されるようになっています。

会議を効率化するためには大きく2つの方法がある

効率的な会議を行うためには、どのような方法があるのでしょうか。

まず1つ目は、事前準備や参加者の意識を向上させ、会議の中身の質を上げる方法です。
事前にアジェンダを作成しておき、この会議で何を共有し最終的に何を決めるのかという点を明確にしておくこと、議論が脱線しないように議長がしっかり会議をコントロールすること、そういった方法がそれに当たります。ただ漠然と会議に参加するのではなく、目的意識を持って参加することが会議の効率化に繋がります。

そして2つ目は、コミュニケーションツールを活用し、会議の開催方法自体を変えるという方法です。
会議参加者の事前準備や意識の向上といった会議の中身の効率化ももちろん重要ですが、それ以外にも会議の開催方法自体を変えるといった、いわば会議という大枠自体から根本的に見直す方法も効果的です。

会議の効率化に欠かせないのが「Web会議システム」

会議効率化イメージ2

それでは、会議を効率化させるためのコミュニケーションツールにはどのようなものがあるのでしょうか。

ビジネスシーンで活用するコミュニケーションツールは、チャットや社内SNS、テレビ会議/Web会議システムなど様々なものがありますが、その中で特に会議の効率化に有効なツールは「Web会議システム」です。

Web会議システムはインターネットに繋がるPCやモバイル端末があれば遠隔地と簡単に接続できるコミュニケーションツールです。Web会議システムを使えば、どれだけ離れた拠点間同士であっても移動することなく各々のオフィスから会議に参加することが可能となります。

会議のための日程調整の手間や移動時間の削減ができる

1ヵ所に集まっての会議を実施する場合、移動時間も加味して開催日時を決める必要があるため、出席者のスケジュール調整をして開催日時を決めるだけで手間が掛かってしまいます。
また、出席者においても、往復の移動時間を含めるとたった数時間の会議に出席するためにほぼ丸一日拘束されてしまいます。

その点、Web会議システムであれば出席者は自分の拠点にいながら会議に参加できるため、日程調整も容易に行えます。また、予定が組みやすいため会議予定が先延ばしになることもなくなり、情報共有のスピードアップや会議の参加率アップにも繋がります。

「LiveOn」ならクリアな音質と安定した通信で会議の効率化に貢献!

会議の効率化を目的としてWeb会議を導入したものの、使い方が分からずに準備に時間が掛かる・・・、音が途切れたり遅延したりして会議が円滑に進まない・・・、といったトラブルがあると導入した意味がありません。

Web会議において一番ストレスになると言われているのは、音声の途切れや遅延が発生することです。せっかく発言をしたのに相手に届かない、何度も聞き返されてしまうという状況では会議の効率化を実現するどころか、逆にコミュニケーションの妨げになってしまいます。

そのため、Web会議システムを導入する際には、いかに音声が安定して通信できるか、という点が非常に重要となります。「LiveOn」であれば、固定電話の4倍の32Khzのクリアな音質を実現しています。また、自動帯域制御機能やジッタバッファ調整機能という音声を安定して通信させる独自技術を搭載しており、どんな環境下においてもスムーズなやり取りが可能です。

資料共有や録音録画機能で情報共有もスムーズに

LiveOnには会議の効率化に役立つ便利な機能が多数搭載されています。

例えば資料共有機能を使えば、会議で使う資料をLiveOnの参加者全員に共有することができます。
描画機能やマウスポインタ機能も搭載されており、相手がどの資料のどの部分を説明しているかが画面越しでもしっかり把握することができます。離れた拠点同士であっても共通の資料を見ながら会議ができるため、会議の効率化には欠かせない機能です。

また、録音録画機能を使って会議の様子を動画として保存しておけば議事録を作成する手間と時間も削減することができます。会議に出席できなかった方も後から動画で内容を把握でき、情報共有のロスを防ぐことも可能です。

会議効率化で企業価値向上へ

コミュニケーションツールの活用は単純にコストの削減や時間の節約だけに寄与するものではありません。
Web会議システムを有効に活用し、会議を効率化することで、情報共有や意思決定のスピードアップが実現でき、企業価値の向上に繋げることができます。

LiveOnの特長 カテゴリー一覧

| LiveOnの特長 TOPに戻る |

Web会議システム「LiveOn」でコスト削減!のページです。Web会議・テレビ会議システムならLiveOn(ライブオン)。クラウドアワードなど多数の賞を受賞。高音質・高画質でストレスのないWeb会議を実現。今ならWeb会議を無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください。